Advertisement

【MLB】大谷翔平、“ルース生誕の地”で7回5失点の粘投 打っては特大9号含む猛打賞の活躍で5勝目の権利を得て降板

 

【MLB】大谷翔平、“ルース生誕の地”で7回5失点の粘投 打っては特大9号含む猛打賞の活躍で5勝目の権利を得て降板
エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は15日(日本時間16日)、敵地で行われているボルチモア・オリオールズ戦に「3番DH・投手」でスタメン出場。7回4安打4奪三振5失点で、5勝目の権利を持ちマウンドを降りた。打席では7回終了まで今季9号を含む4打数3安打3打点。

◆【実際の映像】大谷翔平、今季初の二刀流アーチは打球速度184キロの驚愕弾丸9号3ラン

■今季初の二刀流9号3ラン

“元祖二刀流”ベーブ・ルース生誕の地であるボルチモアで今季9度目の投打同時出場を果たした大谷は初回、スイーパー主体の投球で三者凡退に抑えるも、2回裏、アダム・フレージャーに4号2ランを浴び自身ワーストの4試合連続被弾で逆転を許した。

3回、1死走者なしで迎えた第2打席で大谷は右前打を放ちチャンスメークすると、続くマット・サイスは四球、その後アーシュラが左前適時打を放ち逆転に成功する。しかしその裏、アンソニー・サンタンダーに6号2ランを許し、さらに逆転機を許した。

そんななか、シーソーゲームに決定打となる二刀流アーチが飛び出す。

3-4で迎えた4回、先頭の捕手チャド・ウォーラクが3号同点弾で試合を振り出しに戻すと、1死一、二塁で回った大谷の第3打席、相手先発グレイソン・ロドリゲスの初球のカーブを捉えると、ボールは打球角度27で右中間スタンドへ。飛距離456フィート(約139メートル)、打球速度114.6マイル(約184キロ)の特大アーチで会場のファンを熱狂の渦に巻き込んだ。さらにサイスの適時打で1点を追加し、打者一巡の猛攻でエンゼルスは4回一挙5得点を挙げた。

その裏、8球で三者凡退に抑えた大谷は5回の第4打席でもこの日3安打目となる三塁打をマーク、続くレンフローの適時打でホームを踏み、さらにリードを広げた。

5回裏には本塁打を浴び1点を献上するも、6、7回は三者凡退と粘りの投球を見せた大谷は、投球数98球(ストライク61球)で、5勝目の権利を持ちマウンドを降りた。

試合は7回終了時点でエンゼルスが9-5でリードしている。

Advertisement


◆大谷翔平、今季初の二刀流弾丸第9号 “ルース生誕の地”で「信じられない、怪物的一発」と実況も驚愕

◆公式サイトが大谷翔平をア・リーグMVPレースのトップに選出 「序盤だが候補はすでに明白」

◆大谷翔平少年4歳の“母子ツーショット写真”に「地球上で最高の野球選手を産んでくれてありがとう」の声

文●SPREAD編集部