中日を追っかけ西へ東へ!宮下純一がドラゴンズの取材で日本中を移動

元競泳選手で現在はスポーツ解説者やタレントとしても活躍している宮下純一さん。実は大の中日ドラゴンズファンであることをご存知だろうか。

宮下さんが中日ファンになったきっかけは、立浪和義さんの存在。中日で現役選手としてプレーしていた姿を見たことがきっかけだそう。

中日ファンということもあり、2015年からは中日の情報を発信する番組「サンデードラゴンズ」にも出演している。

そんな宮下さんは、日本国内の様々な場所まで中日を追っかけているようだ。その内容について、自身のSNSにアップしている。

中日の春季キャンプを取材した際は、沖縄での出来事を投稿。この日は与田監督から2019年の構想をたっぷりと聞けたとのこと。


地元・名古屋のナゴヤドームの試合はもちろん、ビジターのスタジアムにも足を運んで取材する宮下さん。遠方の取材に興奮気味の目つきで新幹線に乗る様が印象的だ。

 

View this post on Instagram

 

いよいよ開幕前日‼️竜戦士の状態チェック‼️敵地に乗り込みます😊 #プロ野球開幕 #初のマツダスタジアム

junichi miyashitaさん(@junichi1017)がシェアした投稿 –

また、仕事だけでなくプライベートで球場に足を運ぶことも多いよう。自身のインスタグラムには、様々なスタジアムで撮った写真も投稿している。

≪関連記事≫

野球選手から馬肉専門店と馬革専門店のプロデュースに転身!下園辰哉のセカンドキャリア

横浜愛を貫いた25年間、“永遠番長”三浦大輔のコーチ就任にファン「お帰り」

松坂大輔も胴上げに参加!後藤武敏の引退試合で春夏連覇の横浜高メンバーが集まる

松坂大輔が決意の力投で甲子園12年ぶりの勝利、引退する松坂世代へ「僕はもう少し頑張るよ」

今季限りで引退発表の巨人・杉内俊哉…多くのファンが引退試合開催を望む

巨人・上原浩治、40代選手の相次ぐ引退に「何か寂しいです……」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします