【卓球】平野美宇、伊藤美誠が急接近もパリ五輪レースは優位か 熾烈極める“黄金世代対決”、カギ握るアジアでの戦い

 

【卓球】平野美宇、伊藤美誠が急接近もパリ五輪レースは優位か 熾烈極める“黄金世代対決”、カギ握るアジアでの戦い
卓球の平野美宇(写真左)と伊藤美誠(C)Getty Images

日本卓球協会は9月11日、パリ五輪選考ポイントの獲得状況を更新。3日から10日まで行われた「第26回アジア卓球選手権大会」での勝利ポイントが加算された。

◆伊藤美誠が五輪選考レースで平野美宇に急接近、両者の差は「10.5」 男子は“中国2位撃破”の22歳が3位浮上

■早田と並び日本勢最高の8強

今大会の女子シングルスで早田ひな(日本生命)と並び、日本勢最高の8強入りを果たしたのが伊藤美誠(スターツ)。パリ五輪選考ポイントで40点を加算した伊藤は409.5ポイントまで伸ばし、ベスト16で敗退した平野美宇(木下グループ)との差を「10.5」に詰めた。

熾烈を極める平野と伊藤によるパリ五輪シングルスの2位争いだが、今後のスケジュールを考えると、優位に立つのは自身初の五輪シングルス出場を狙う平野か。23日から中国・杭州で開幕する「第19回アジア競技大会」に平野は早田とともにシングルスでエントリーしており、大会に参戦しない伊藤に再び差をつけることができれば2位の座キープの可能性が高まる。

終盤戦に差し掛かるパリ五輪の選考レースはアジア競技大会を終えれば、11月に行われる第6回の選考会と、来年の1月に開催される全日本選手権が対象大会となる。10月に再開するTリーグのシングルスもポイントを稼ぐチャンスであるが、平野がアジアの戦いで好成績を収めれば、今後のレースに大きく左右するのは間違いない。

独走態勢を築き、いち早くパリ行きが濃厚となってきた早田の次につけるのは誰か。平野と伊藤の“黄金世代”による熾烈な戦いからは引き続き目が離せない。

◆【最新】3位伊藤美誠が2位平野美宇に急接近、両者の差はわずか「10.5」 2024年パリ五輪選考ポイント獲得ランキング 女子上位8人

◆伊藤美誠は世界3位に敗れ“平野美宇超え”ならず 早田ひなは絶対女王に屈し8強で終焉

◆伊藤美誠、平野美宇との「30.5点」逆転へカギ握るTリーグの戦い 昨季は“81.3%対66.7%”、圧巻スタッツの再現なるか

Advertisement


文●SPREAD編集部