浅田真央、新元号「令和」を1000人以上?の新入社員と共に知る

2019年4月1日11時41分、平成に代わる新たな元号「令和」が発表された。

日本中の人々が固唾をのんで見守った発表の瞬間。この瞬間を、元フィギュアスケート選手の浅田真央さんは意外な場所で迎えていた。

浅田さんはこの日、JALグループの入社式に出席。報道によると、新入社員たちを前にあいさつをしていたようだ。しかし、偶然にも同じタイミングで新元号が発表されることになり、 入社式の会場でもその模様を紹介した様子

こちらの投稿によると、会場に設置された大スクリーンに新元号を写し、浅田さん含む出席者全員が注目している様子が分かる。

2019年度のJALグループ入社式出席者数は明らかになっていないが、報道によると前2018年度は1639人が出席したとのこと。今年も同程度の人数が出席していると見られる。

おそらく今後しばらくは、「新元号、どこで何しているときに初めて知った?」という会話が世間話のベタな話題になるだろう。しかし「1000人超えの新社会人が見守る壇上で知った」という体験を語れる人は浅田さんくらいな気がする。

貴重な瞬間を共有した浅田さんとJALグループ新入社員たち。お互いにとっていい思い出になってくれることを期待したい。

≪関連記事≫

広島の浅田真央展が大盛況!満を持しての開催にファンの喜びもひとしおか

浅田真央、“元祖トリプルアクセル”の伊藤みどりと共演「私の永遠のスターです」

【動画】浅田真央が特製シューズに驚き「世界で初めてのものなんじゃないかと…」

浅田真央が2019年のサンクスツアーを語る…倍以上の公演予定数も「無事に滑りきる」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします