Advertisement

【NHKマイルC/追い切り診断】東京マイル実績ありの期待馬は「B」の辛口評価 乗り込み量は十分も「坂の途中で苦しく……」

【NHKマイルC/追い切り診断】東京マイル実績ありの期待馬は「B」の辛口評価 乗り込み量は十分も「坂の途中で苦しく……」

第29回NHKマイルカップ(5日/GI、東京芝1600m)には、昨年の朝日杯FS勝ち馬で皐月賞3着ジャンタルマンタル、阪神JF勝ち馬で桜花賞2着アスコリピチェーノ、ニュージーランドT2着ボンドガール、サウジアラビアRC勝ち馬ゴンバデカーブース、アーリントンC勝ち馬ディスペランツァらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「ゴンバデカーブース」を取り上げる。

◆【NHKマイルカップ2024予想/追い切り診断】最高評価「S」はジャンタルマンタルかアスコリピチェーノか 「勝ち負け必至」反動どころか上昇ムード

■ゴンバデカーブース

【中間調整】昨年6月10日の東京芝マイル戦を逃げ切って勝利。気性面からこの策をに出たものではく、単に脚力の違いで押し切ったものだった。続く第2戦として10月のサウジアラビアRCに臨み、こちらは一転、最後方からのレース運びとなったが、直線だけの競馬であっさり抜け出し2馬身差の快勝とした。異なる形での連勝は、高い素質の証明と言っていい。年内の最終目標はホープフルSで、枠順も発表となったが感冒で無念の取り消し。その後ノドの手術を施し、年明けは皐月賞へぶっつけが本線だった。しかし今度は脚元に不安が出てしまい、復帰戦をNHKマイルCに再設定することに。

ようやく4月7日から乗り込みを再開しダノンエアズロックやタスティエーラら骨っぽい相手とスパーリングを展開。時計はまずまずのものが出ているが、2週前の2頭併せ、そして1週前の3頭併せでいずれも遅れ入線と案外な動きに留まっている。

Advertisement


【最終追い切り】レース当週はJ.モレイラ騎手が騎乗し、坂路で併せ馬。坂の手前では勢い優勢に見えたが、そこから徐々に手応えが怪しくなり併走馬にアオられ、わずかではあるが遅れ入線となった。

【見解】NHKマイルCへのリスケで十分に調整期間を取ったことにより、乗り込み量は十分すぎるほど。併せた相手の質も高い。ゆえに見栄えの悪い稽古も大目に見たくなるところではあるが……。それでも3週連続で負荷を掛けられての遅れ入線はやはり気になるところ。最終追いの坂路で最後まで素軽く走れていればというところだったが、坂の途中で苦しくなってしまったようだ。基礎能力は抜群だし、本番までにグンと良くなってくる可能性もあるが、攻めの段階では人気ほどの信頼は置きづらい。

Advertisement


総合評価「B」

NHKマイルカップ2024 予想コラム一覧

特集

【特集】お役立ち馬券攻略ガイド 出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc.

【まとめ】芸能人・予想家の「NHKマイルC」本命・注目馬予想まとめ GI連勝中!気になる本命◎は?

【まとめ】「NHKマイルC」大口投票・異常オッズパトロール アスコリピチェーノの複勝に100万円か

【高配当メソッド】上位人気総崩れじゃないのに“3連単150万円” 超特大馬券のカギは追い込み馬

追い切り評価

【追い切り診断】最高評価「S」はジャンタルマンタルかアスコリピチェーノか 「勝ち負け必至」反動どころか上昇ムード

【追い切り診断】アスコリピチェーノに迫る高評価は想定“10人気”の盲点 「大仕事」へ向け、よりブラッシュアップ

Advertisement


データ分析・過去傾向

【枠順傾向】2強が「4.2.3.2」該当も、一方に複勝率6.7%の側面 穴妙味は“想定10人気以下”の内枠勢

【データ攻略】人気一角の牝馬に「0.0.1.17」 東京替わりでの連続好走が難しい“3つの理由”

【データ攻略】GI勝ちの人気一角に「2.1.0.0」 “馬券内率100%”条件発動で穴党もギブアップか

【全頭診断】“13戦連続馬券内”のモンスター騎手が虎視眈々 GI馬2頭はデータ面で盤石

【血統展望】ジャンタルマンタルに懸念材料 最適解は「連対率60.0%」当レース“御用達”の種牡馬

【前走ローテ】勝率トップの皐月賞組が中心も、ディスペランツァ該当のよく見ると侮れない「2.0.0.3」の価値

穴馬予想・その他コラム

【穴ライズ】「名門厩舎が送り出す逸材候補、この人気なら狙って損はない」 前日“6人気”前後の伏兵

【穴ライズ】「前走はノーチャンスの競馬、着順だけで判断すると痛い目に遭う」 想定“10人気”以下の爆穴

【穴ライズ】「ようやく巡り合ったベストパートナー、激流でチャンス到来」 想定オッズ“30倍台前後”の妙味

【危険な人気馬】トライアル好走馬を“消し” 経験値で劣る「1.0.2.27」該当馬が過剰人気か

「ジャンタルマンタルvs.アスコリピチェーノ」史上初となる最優秀2歳牡馬・牝馬対決 好データ続々該当で上位に取りたいのは……

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement