長友佑都が語る“夢と才能”の関係「夢を追いかけるのは挫折ばっかり。でも…」

夢を叶えるために才能は必要か。この問いにサッカー日本代表DF長友佑都選手が答えた。

トルコのガラタサライでプレーする長友選手は、トルコ日本人会の子供たちと交流を持ち、その中で少女からの質問に応じている。

周囲の才能と比較して「高校生にもなると現実が見えてくる。自分では苦しいこともある」と声を詰まらせながら悩みを打ち明けた少女に、長友選手は「自分の才能の限界を決めてしまっている」と優しく語りかけ始めた。

才能は継続する力で作るもの

「才能というのは努力とか自分の継続する力で作るものだと思っていて、もともと持ってるものじゃないと思う」

世界の檜舞台で活躍してきた長友選手は、自身の経験を踏まえながら「夢を追いかけることは楽しいことばかりじゃない」とアドバイスした。

「苦しいこととか困難なこと、挫折ばっかり。 でも夢を叶える人っていうのは、その自分に打ち勝った人が最終的に夢を掴んでいると思う

5月29日に更新したツイッターでも長友選手は、夢を追いかけている人に向けて熱いメッセージを投稿した。

「元々才能を持っている人なんてほんの一握りの人間。天才と言われる人たちは実際にいる。でもほとんどの人は才能の差なんてないよ。才能は自分で創るもの。継続する力で創るもの。自分の限界に線引きするな!共に夢追いかけるぞ!」

長友選手のツイッターには感銘を受けたファンから、自分も頑張ろうと思えたなどのコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

長友佑都にとって平成は“種まきの時代”に過ぎなかった…「令和で大輪の花咲かせる。」

香川真司、長友佑都と食事会も「謎ポーズ」は拒否

「完璧主義を捨てる」本田圭佑が困難に直面した時の考え方

加藤凌平、小さい頃からの夢を叶えてしまったからこその苦悩を語る…2019年は無心・無欲で挑戦

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします