畠山健介が元同僚たちと再会 「戦友(とも)と会えるのもワールドカップの素晴らしいところ」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で、元日本代表の畠山健介選手が縁のある人物たちと再会した。

9月30日にスコットランド対サモア戦の会場を訪れた畠山選手は、サモア代表のトゥシ・ピシ選手、スコットランド代表のクリス・ハリス選手、元オーストラリア代表主将のジョージ・グレーガンさんと、それぞれ撮影した2ショットをツイッターにアップ。

ラグビーファンからも「錚々たる顔ぶれ」「色々なツーショット見れてすごく嬉しい」「グレーガン変わりませんね」などのコメントが寄せられている。

戦友と会えるのもW杯の素晴らしいところ

ピシ選手は2010年から2016年まで日本のサントリーサンゴリアスに所属。同じ時期にサントリーでプレーしていた畠山選手とは元同僚の仲。日本のこともよく知っているサモアの中心選手だ

ハリス選手とは、畠山選手がイングランドのニューカッスル・ファルコンズに期限付き移籍した時期のチームメイト。

グレーガンさんは2008年から2011年までサントリーに所属。サントリー時代には畠山選手、ピシ選手と共に日本選手権を制し、オーストラリア代表としては1999年のW杯ウェールズ大会で優勝している。

自国開催のW杯で元チームメイトたちが集結したことに、畠山さんも「世界中にいる、共に戦った戦友(とも)と会えるのもワールドカップの素晴らしいところ!」と感激した様子だ。

≪関連記事≫

畠山健介のラグビールール解説動画に反響 真壁伸弥は「いや、分かんねぇよ」

引退のヤクルト畠山和洋に、ラグビー畠山健介からメッセージ 過去には対談経験も

畠山健介、「2人の大坂の伝説」との写真を公開 「同世代の怪物たち」

畠山健介と堀江翔太がそっくり?「#ラグビー界の堀江畠山問題」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします