デクラーク、国旗柄のパンツを再び披露 ラグビー南アフリカ代表が優勝パレード

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で優勝した南アフリカ代表の優勝パレードが、11月11日に最終日を迎えた。

国内各地を巡るパレードで選手たちは歓声に応え、通算3度目の獲得となったウェブ・エリス・カップをファンにお披露目した。

さらにファフ・デクラーク選手は、決勝戦後のロッカールームで話題になった国旗柄のパンツを再び披露している。

デクラーク、ツツ元大司教にチラ見せ

優勝カップを携えた代表チームは『ラグビーワールドカップ2019チャンピオン』と書かれたパレード車に乗り、ファンに手を振りながら南アフリカ中を走った。

ケープタウン市庁舎前で行われたセレモニーでは、人権活動家としてノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ツツ元大司教とも面会。ここでもデクラーク選手は「愛国心を感じさせる下着」を披露した。

あらためて国がひとつになることを訴えたシヤ・コリシ

南アフリカ全土を熱狂させたパレードが辿り着いたケープタウン市庁舎は、ネルソン・マンデラ元大統領がスピーチをしたことでも有名な場所だ。政治犯として27年間の獄中生活を強いられたマンデラ元大統領が、解放された数時間後にスピーチを行い、国に大きな転換点が訪れたことを印象づけた。

この場所で熱狂的なファンに迎えられたシヤ・コリシ主将は、壇上に立つと「我々は南アフリカの人々のためにウェブ・エリス・カップを持ち帰った」と演説した。

(c)Getty Images

アパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃され民主化から25年経った現在も、南アフリカにはその影響が色濃く残り、民族融和が果たせたとは言えない現状もある。

そうした国を憂いながらコリシ主将は「我々の違いを見てくれ。チームには人種も背景も異なる選手がいる。それでも南アフリカのために団結し、成し遂げた」と国がひとつになる重要性を訴えた。

≪関連記事≫

デクラークはパンツ一丁!南アフリカがロッカールームで祝賀会

デクラークとアンダーヒル、決勝を戦うチームメイトの素顔を紹介

堀江翔太、福岡堅樹、デクラークらが語るオールブラックスの“ハカ” 両者に与える影響

ファフ・デクラークってどんな選手?長いブロンドヘアがトレードマークの「小さな巨人」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします