デクラークはパンツ一丁!南アフリカがロッカールームで祝賀会

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で優勝した南アフリカ代表が、ロッカールームで喜びを爆発させた。

祝勝会のために用意されたピザを平らげ、優勝杯の『ウェブ・エリス・カップ』でビールを飲む恒例行事も完遂。特にパンツ一丁で参加したファフ・デクラーク選手にファンの目は吸い寄せられた。

パンツ一丁の「はしゃぎデクラーク」が話題

やったぜ南アフリカ。そんな喜びが試合後のロッカールームで爆発した。

獲得したばかりのエリス・カップに並々とビールを注ぎ、泡立った黄金色の液体をデクラーク選手が飲み下す。

南アフリカ代表としては2007年大会以来、12年ぶりに酔いしれる歓喜の美酒だ

エリス・カップは次々に人の手に渡り、みんなで少しずつ優勝の味を共有する。

長髪をなびかせるミュージシャンのような風貌でグラウンドを走り回り、攻守で相手チームを困らせてきたデクラーク選手。

今大会を通じて多くのファンを獲得したイケメン選手だが、祝勝会にはまさかのパンツ一丁というラフ過ぎるスタイルで参加した。

(c)Getty Images

(c)Getty Images

これにはラグビーファンからも「はしゃぎデクラークいいぞ」「パンツまで国旗なのか」「終わってみればデクラークのための大会だった」など多くの反応が寄せられた。

(c)Getty Images

(c)Getty Images

(c)Getty Images

(c)Getty Images

シヤ・コリシ主将は南アフリカ国民の応援に感謝

歌って踊って陽気に優勝を祝う南アフリカ。それと同時にシヤ・コリシ主将は南アフリカ国民の応援に感謝する動画も投稿した。

決勝前の会見でも「SNSを通じて届けられる応援は特別なものがある」とサポートに感謝したコリシ主将。最後も国民へのお礼を忘れなかった。

≪関連記事≫

デクラークとアンダーヒル、決勝を戦うチームメイトの素顔を紹介

ファフ・デクラークってどんな選手?長いブロンドヘアがトレードマークの「小さな巨人」

南アフリカの3度目の優勝に国民も大歓喜 「W杯優勝で国をひとつに」と戦ってきた代表チーム

ラグビーW杯終了で海外ファンからも「ありがとう日本」

南アフリカ初の黒人主将シヤ・コリシ 再びW杯優勝で国を1つに

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします