アンドレス・イニエスタも喜び ヴィッセル神戸が天皇杯の祝勝セレモニー

2月4日、ヴィッセル神戸がサッカー天皇杯で初優勝したことを祝うセレモニーが神戸市内で開催され、約700人のサポーターが選手たちを祝福した

セレモニーにはトルステン・フィンク監督、アンドレス・イニエスタ選手、山口蛍選手、酒井高徳選手らが出席した。

ヴィッセル公式インスタグラムは「神戸市の方々に、天皇杯優勝の祝勝セレモニーを開催いただきました!」と式の様子を公開。

トロフィーを手にサポーターの前でスピーチするイニエスタ選手や、晴れ晴れとした表情でマイクの前に立つ酒井選手、山口選手の写真を投稿している。

イニエスタ選手も5日にインスタグラムを更新。セレモニーの様子チームで行った必勝祈願の写真をアップした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Recepción Hissho Kigan y evento en Kobe con la Copa del Emperador. Vamos @visselkobe!! 💪🙏

Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –

アンドレス・イニエスタは神戸でキャリアを終えることも示唆

イニエスタ選手はユース時代から在籍したバルセロナFCを2017-18シーズンで退団。古巣のバルセロナとは戦いたくないと欧州外への移籍を希望し、当初は資金力豊富な中国クラブへの移籍が取り沙汰された。

だが途中からヴィッセルが移籍先に急浮上。5月に移籍が正式発表された。

今年1月に受けたスペイン紙のインタビューで、イニエスタ選手は現在の環境に満足していると話し、神戸でキャリアを終える可能性も示唆した

「自分の所属しているリーグが好きで、まだサッカー選手だと感じているので、もっと成長したい。長く日本でプレーしたいと思っているが、いつかは終わらせなければならない。

私がそこ(神戸)で引退するか? そうだといいね。契約期間は2年残っている。それを終えたときまだ続けるだけの力が残っているかは分からない。様子を見ることにしよう」

(c)Getty Images

≪関連記事≫

阪神淡路大震災から25年、同年発足のヴィッセル神戸が特設サイトを開設

ダビド・ビジャ、ヴィッセル神戸ファミリーに「おめでとう」 天皇杯優勝で引退

ダビド・ビジャがユニフォーム交換 山口蛍の代表ユニフォームを受け取る

酒井高徳が今季のリーグ戦を総括 天皇杯は引退表明のビジャのために

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします