ヤクルト・奥川泰伸が『遊びながらできる練習法!』を紹介 つば九郎との“炎の4番勝負”も

東京ヤクルトスワローズ奥川恭伸投手が、球団マスコット・つば九郎との対決に挑んだ。

球団の公式YouTubeにアップされた『遊びながらできる練習法!第1回「紙コップを使った練習法」』に出演したドラフト1位ルーキーの奥川投手は、グッズ売上1位のつば九郎と1位対決炎の4番勝負の第1戦に臨んだ。

紙コップ投げで正しいフォームを身に着ける

対決に使うのは一般的な紙コップ。紙コップをボールに見立てて投げ、離れたテーブルの上にある紙コップタワーをより多く倒せたほうが勝ちだ。

投げるときは紙コップの繋ぎ目にボールの縫い目と同じように指を掛ける。正しいフォームで投げられれば紙コップはアメリカンフットボールのように横回転で真っ直ぐ飛んでいく

お互いにピッチング練習してからいよいよ本番。つば九郎の自由奔放なアクションに戸惑い気味の奥川投手だが、投手としては負けられない一戦だ。

2人の対決を見届けたファンからは「こんな世の中だってこと忘れるくらい平和で幸せな世界だった。奥川くん、つば九郎ありがとう」「奥川くん慣れてない感じがすごくいい」「つば九郎さんと奥川君のゆるゆる感に癒されました」などのコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

西武・高橋光成が群馬での試合中止を受けファンにメッセージ 「また大きくなって群馬に」

松永浩美が『バース・デイ』に出演 引退後、家族一丸での歩みを追う

嶋基宏、母校・中京大中京高校にTシャツを贈る 春のセンバツ中止を受け

NPB選手会が新型コロナ感染拡大防止のために寄付 炭谷銀仁朗「選手会として少しでも力になれれば」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします