【先週のランキング】羽生結弦展中止でもなんと1位に オリオール追悼も

1月と言えばスポーツイベントにとっては谷間。新型コロナウイルスの第3波による緊急事態宣言発出により、この時期に盛り上がるラグビーのトップリーグが開幕延期バスケのオールスターは男女ともに中止など、またイベントが雲散してしまった。

そんな中で先週はどんな記事が読まれたのか、ランキングで振り返ってみたい。

■第10位 SPREAD編集部が選ぶ今週のスポーツ

『SPREAD』編集部が選ぶ今週のスポーツ「天理大は打倒早大なるか ラグビー全国大学選手権」

天理大学早稲田大学が激突したラグビーの全国大学選手権が話題となり見事、天理大学が初優勝を遂げた。これを取り上げた1週間のスポーツスケジュール「今週のスポーツ」がランクイン。前振りだけでも、大学ラグビーがいかに注目を集めるか、あらためて実感した。

■第9位 久保建英が新天地ヘタフェでデビュー

【サッカー】久保建英、新天地デビュー戦で躍動 地元紙も称賛「笑顔を取り戻した」

東京オリンピックでもエースとしての期待が寄せられている久保建英が新天地ヘタフェでデビュー。25分の出場で得点機を演出し、地元紙からも絶賛を受けたことを紹介した記事が9位に。どういうわけか、SPREADでサッカー記事は人気薄ながら、久保人気は絶大という証左か。

■第8位 パリダカ回顧録、連載第4回 リエゾンとSSについて

【パリダカ回想録】第4回 スペシャル・ステージとリエゾン、そしてアフリカの大地へ

プランナーであり、コピーライターの中田由彦さんに、三菱自動車在籍時の「パリダカール・ラリー1994」を振り返ってもらった回顧録が8位に。全5回の本連載は年末からスタートしたものの、先週はちょうど「ダカール・ラリー2021」の真っ只中だっただけに、ダカール情報を求めたユーザーから人気を集めたかたちとなった。今年は11年ぶりに「ラリージャパン」も復活するだけに、ラリー人気を盛り上げていきたいもの。

■第7位 プロダンスDリーグが歴史的開幕 初戦はLUXが制す

【ダンス】SEGA SAMMY LUXが歴史的初戦を制す!「Dリーグ」開幕

世界初・日本発となるダンスのプロリーグ「Dリーグ」が、このコロナ禍にありながら歴史的開幕戦を迎えた。無観客試合となったものの、会場は開幕にこぎつけた……という思いを新たにするプロダンサーたちの熱気でむんむん。この記念すべき開幕戦は、SEGA SAMMY LUXが制したが、この速報がランキング7位に。ダンスがスポーツの新しい歴史を作り出すか、注目したい。

■第6位 大久保嘉人が古巣セレッソ大阪に復帰

【サッカー】C大阪復帰の大久保嘉人、ブログで心境を吐露「ついにここまで来たんだな」

元日本代表FW大久保嘉人が15年ぶりにセレッソ大阪に復帰。その心境をブログに綴った短信が6位という、ちょっと驚きのランクイン。もはやレジェンドの粋に近づいた大久保が古巣でどこまで輝くのか。セレッソサポーターでなくとも気になるところだ。

■第5位 先週の「先週のランキング」がランクイン

【先週のランキング】視聴率同様、箱根駅伝が圧勝 羽生結弦は初のランク外

日本人はランキング好きと言われている。そんな背景もあり「先週のランキング」はスタートしたのだが、やはりランク付け記事は好まれるようだ。特にこの週は、日本の風物詩、箱根駅伝が大いに盛り上がったこともあり、予想通りの結果となった。SPREADでは意外なことに羽生結弦選手の記事がランクインせず、その意外性が読者の興味をひいたのだろうか。

■第4位 競馬、フェアリーステークスの編集長予想

【競馬】フェアリーS 新馬勝ち3頭のうち2頭は黙って“買い”

競馬記事が充実する週末ながら、1月はG1レースが行われないというスケジュールのため、編集部としても競馬人気は静かだろうと読んでいたのだが、なんと4位に。しかも数ある予想の中でも、SPREAD編集長・山田剛の予想記事ゆえ意義ある(?)結果に。競馬雑誌『UMAJIN』の元編集長だけに、予想はお手の物……のはずだが、関係者から「馬券ベタ」のレッテルを貼られているだけに、そろそろ汚名返上して欲しいものだ……。

■第3位 競馬、ルメール騎手にとって不吉なデータ

【競馬】シンザン記念&フェアリーS C.ルメール騎手にとって『不吉』なデータとは

こちらは第4位に入ったフェアリーステークス、さらにシンザン記念の双方に出走したルメール騎手についての予想。昨年はアーモンドアイの大活躍もあり、特に脚光を浴びたルメール騎手が、今年も競馬界の中心となるのか。データからの予測が3番人気に。

■第2位 パリダカの伝説的英雄オリオール追悼

パリダカの伝説的英雄ユベール・オリオール死去

かつてライダーとしてパリダカに参戦。首位を快走しながら、レース中の事故により両足を骨折。それでも、20kmを激走しフィニッシュしたことで伝説となった英雄ユベール・オリオールの逝去についてのニュースが2位に。オリオールは引退後、パリダカのレースディレクターとしても活躍。しかも、ダカールラリー2021の期間中、新型コロナウイルスに感染し亡くなるという衝撃が大きかったのだろうか。あらためてご冥福を祈りたい。

■第1位 東京・渋谷で開催されていた羽生結弦展が中止に

【フィギュア】羽生結弦展、東京会場は中止 巡回会場についても実施可否検討へ

昨年12月より東京・渋谷で開催されていた「羽生結弦展 共に、前へ」についてはSPREAD編集部でもレポートした通り。

【フィギュア】東日本大震災の重みを再認識 「羽生結弦展 共に、前へ」始まる

しかし新型コロナウイルスの第3波席巻から発出された緊急事態宣言の余波もあり、この展示会も中止に追い込まれた。そのニュースが、なんとランキング首位に!

東京での開催が中止になっただけではなく、今後各地で予定されていた展示会の開催もその可否について検討に入ったと発表された。大会がない期間中、ファンも楽しみにしていたはず。フィギュア界のみならず、スポーツのためにも、新型コロナ終息が切に望まれる。

以上の結果となったが、またも羽生選手本人の活躍なくして、関連ニュースが1位となってしまった。羽生選手のニュースが、SPREAD読者にいかに人気か如実に物語るランキングとなった。次回大会は、編集部もまた総力でお伝えする予定だ。

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします