【プロ野球/セ・パ交流戦】楽天、盤石の先発トリオ投入で優勝なるか 打線も左の巧打者陣が軒並み好調

交流戦ラストのカードを前に、セ・リーグ37勝に対して、パ・リーグが39勝(11分)と、ついにパが勝利数で逆転。順位も首位タイにオリックス楽天が並び、中日DeNAが追う展開となった。

◆【セ・パ交流戦見どころ】4カード連続勝ち越しのオリックス 優勝へのカギは好調の山本由伸&T-岡田

■6/11〜6/13:楽天 vs 阪神(楽天生命パーク)

セパの首位対決は交流戦優勝を争うカードとなる。3カード連続勝ち越し中の楽天涌井秀章田中将大早川隆久の最強先発トリオで頂点を目指す。打線はリーグ打点王の4番・島内宏明を中心に、6月の月間打率.432の鈴木大地、同.375の岡島豪郎など好調な選手が多く、6月の月間成績は7勝2敗と勢いもある。

交流戦優勝へ3連勝しかない阪神は、4日の緊急昇格後、160キロをマークするなど中継ぎで3戦連続無失点の藤浪晋太郎が復活の兆し。大物ルーキー・佐藤輝明と日米通算179勝の田中との初対決も注目だ。

■6/11〜6/13:西武 vs 中日(メットライフドーム)

上位2チームと0.5ゲーム差で交流戦初優勝を狙う中日は、初戦に先発予定の大野雄大が過去の西武戦で4試合に先発して2完投勝利と好相性を誇る。

打線ではビシエドが19試合連続安打中と絶好調。交流戦首位打者(6月10日終了時点で打率.446のトップ。2位は楽天・小深田大翔で打率.404)へと突っ走ることができるか。西武は平良海馬が開幕からの連続無失点記録の日本新記録更新(32試合)に王手をかけた。

■6/11〜6/13:ソフトバンク vs ヤクルト(PayPayドーム)

交流戦優勝の可能性が消えたソフトバンクは、マルティネスが自身5連勝と交流戦最多タイの3勝目を狙う。

ヤクルトは抑えのマクガフが交流戦トップタイの6セーブをマークしており、打者では村上宗隆が同2位の5本塁打でトップの座をうかがう。

◆【セ・パ交流戦見どころ】4カード連続勝ち越しのオリックス 優勝へのカギは好調の山本由伸&T-岡田

◆【今週の注目打者】ヤクルト・塩見泰隆は夜ナイターに強い 打率.352の本塁打7本と相性抜群

◆【今週の注目打者】西武・森友哉は対左に強いとシーズン3割超え? データで紐解く好調の要因

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします