【プロ野球/セ・リーグ】阪神が助っ人退団の巨人を倒して独走態勢か、ルーキー・佐藤輝のアーチに期待

▼セ・リーグ対戦カード

■6/18〜6/20:阪神 vs 巨人(甲子園球場)
■6/18〜6/20:DeNA vs 広島(東京ドーム)
■6/18〜6/20:ヤクルト vs 中日(神宮球場)

◆【パ・見どころ】交流戦優勝のオリックスがリーグ首位の楽天と対戦、黄金ローテを攻略できるか

■DeNAは横浜スタジアムから東京ドームでのホームゲームへ

リーグ戦が再開する最初のカードから、いきなり1位と2位の直接対決となる。交流戦の好成績で2位に7ゲーム差と独走態勢の阪神の注目は、やはりルーキーの佐藤輝明

ここまでリーグ4位の16本塁打を記録しているが、セ5球団で巨人戦のみ本塁打がなく、伝統の一戦で初アーチが見られるか。対する巨人は今季34試合で7本塁打のスモークが電撃退団。組み替えが必須となった打線では、不振で二軍調整していた丸佳浩を3番で起用する見込みで、5月9日以来となる坂本勇人との“サカマル”コンビ復活に期待がかかる。

東京五輪の会場となる横浜スタジアムを離れ、東京ドームでのホームゲームとなるDeNAは、マイナス0.5ゲーム差で最下位の広島と対戦。交流戦3位のDeNAは、前回登板で完封勝利をマークするなど最近3試合で防御率0.90の濵口遥大が初戦に先発し、自身3連勝を狙う。

交流戦歴代ワーストタイの勝率で最下位に転落した広島玉村昇悟森下暢仁大道温貴の若き先発トリオで巻き返しを狙う。交流戦を勝ち越し、リーグで2位タイに浮上したヤクルトは、東京五輪代表に選出された山田哲人村上宗隆の打撃に注目。

同じく交流戦を4位と好成績で終えた中日は、ロッテからトレード移籍したばかりの加藤翔平の即スタメン起用がありそうだ。

◆巨人・スモークが電撃退団 阪神追走に向け、助っ人大砲の穴を埋めるキーマンを考察

◆侍ジャパン投手陣は「現状」より「実績重視」 野手では巨人・岡本和、阪神・佐藤輝が選外に

◆広島会沢が故障で東京五輪代表を辞退 代役は阪神梅野が決定的

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします