長谷部誠、湖でのチームメイトの行動に驚き?「上半身裸で入る感覚が凄い」

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠選手が8月3日にインスタグラムを更新して、イタリア合宿中の様子を公開した。

2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに移籍して海外挑戦を始めた長谷部選手は、ドイツでのプレーは10年を超え、フランクフルトも在籍5シーズン目でチームの中心になっている。

チームメイトに囲まれ爽やかな笑顔を見せる長谷部選手だが、同僚たちの行動に驚いたことがあったという。

腕組みしてるのは冷たいから?

今夏のFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)後に代表からの引退を宣言し、今後はクラブでの活動に専念することになった長谷部選手は、新シーズンに向け準備を進めている。

当面は昨季カップ戦王者としてリーグ王者のバイエルン・ミュンヘンと対戦する、12日のスーパーカップを目標にしている。

練習終わりに湖で泳ぎリカバリーしたフランクフルトの選手たちだが、この日の水温は15度で長谷部選手はウェアを着用して水に入った。

中には上半身裸で入る選手もいたが、その姿を見て長谷部選手は「#上半身裸で入る感覚が凄い」と驚いていた。

この投稿にフォロワーからは、「かっこいいですね!」「日に焼けてさらに素敵です」「みんなの気持ちいい笑顔! がんばって下さい」「灼熱の日本で見ると、涼しげで羨ましいー!」「腕組みしてるのは実は冷たいの我慢してるから!?」などのコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

新チームで変わる「キャプテンの役目」…日本代表のキャプテンは長谷部誠から青山敏弘へ

長友佑都、”偉大なキャプテン”長谷部誠を称える「どんな時も整ってた」

長谷部誠が代表引退…カタールW杯に向けて現代表選手たちの決断は?

レアル所属・中井卓大くん、身長高くなりすぎ!?乾貴士が2ショットを公開

吉田麻也から未来への提言「サッカー協会と選手は真剣に若手の育成を考えるべき」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします