【甲子園12日目】小園・藤原・根尾のプロ注目野手トリオが登場!高校野球ファンも歓喜に溢れる

(c)Getty Images

8月16日、全国高校野球選手権大会も大会12日目を迎え、ベスト8をかけた3回戦に突入した。

12日目となった本日は、以下の4試合が行われる。

  • 報徳学園(東兵庫)ー愛工大名電(西愛知)
  • 浦和学院(南埼玉)ー二松学舎大付(東東京)
  • 済美(愛媛)ー高知商(高知)
  • 大阪桐蔭(北大阪)ー高岡商(富山)

優勝候補の大阪桐蔭や地元の東兵庫代表・報徳学園が出場するということもあって、朝から甲子園は長蛇の列を作っていて、その盛況ぶりに驚きを隠せない人も多い。

プロ注目の野手トリオ

今日の見どころは、プロ野球スカウトも注目する報徳学園・小園海斗選手、大阪桐蔭・藤原恭大選手、根尾昂選手のドラフト1位候補トリオが同じ日に登場することだろう。

昨年は2年生ながらU-18侍ジャパンに選出された小園選手・藤原選手と、文武両道で二刀流としても活躍する根尾選手の3名は甲子園が始まる前から注目されており、元々の知名度も高い。

小園選手は1回戦から大会最多タイ記録となる1試合3本の二塁打を放ち、藤原選手・根尾選手も2回戦でアペック本塁打を記録するなど3選手の活躍は目覚ましく、注目度はより高まっている。

高校野球ファンも歓喜の声

この3選手を同じ日に見られることに対して、高校野球ファンからは歓喜の声が上がっている。

順当に勝ち上がっていけば両校の対戦が見られる可能性も十分にある。

もしこの先で顔を合わせることがあれば、全国の高校野球ファンがさらに歓喜するのは間違いないだろう。

《関連記事》

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

報徳学園・小園海斗はトリプルスリーも狙える逸材!帽子に刻んだ「日本一のショート」を目指すドラフト上位指名候補

【甲子園】桐蔭・根尾昂のパワプロ応援歌がかっこよすぎる…人気バンドKEYTALKのメンバーも絶賛

【甲子園】大阪桐蔭・柿木蓮は脅威の高校生!いろいろと“プロ並み”だと話題に

【甲子園】沖学園は最後まで清々しく…大阪桐蔭に敗れるも「ありがとう高校野球」の言葉に感動の声

大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします