【毎日王冠/追い切りジャッジ】シュネルマイスターに辛口「B」評価 肉体的な成長と調整量は十分も「割り引きたい点が……」

■シュネルマイスター

【中間調整】3歳の身で臨んだ前走・安田記念は、やや出負けしながら最後はジワリと脚を伸ばして3着に入線。3歳マイル王の実力を示した。その後は秋の大目標をマイルCSに置き、毎日王冠からの始動を早めに決定。9月10日に美浦へ戻り、12日に坂路14-14で脚慣らしをしたのが初時計だった。その後は伸び盛りの3歳馬らしくウッドで長めから追い、基礎能力の底上げを図りつつレースへの気配を上げている。1週前追いは4歳オープン・ココロノトウダイ、そして今年のオークス馬ユーバーレーベンという骨っぽい2頭を後方外から追走するハードな内容。舌を出し、集中して走れていないような面も感じさせたが、好タイムで走っている。

◆【毎日王冠2021予想/追い切りジャッジ】最高評価「S」は前走以上の気配にある実力馬 「体調面にまったく不安がない」

【最終追い切り】嶋田騎手を背に、同じレースに出走するオープン馬マイネルファンロンとの最終スパーリング。先輩をアオって抜け出すが、そこでフワッとしてしまい相手の盛り返しを許す。それでも気持ちを入れ直してギアを上げると、しっかり先着フィニッシュを果たしている。

【見解】春先と比べると、より長めから時計を出しており攻め強化を受け入れるだけの肉体的な成長があったようだ。ただし1週前、最終追いで見せたように乗り込んでもまだ若さ、荒削りな面は残っている。活気、勢いは感じるがその点での進境はまだこれからというところか。その分だけ若干割り引きたいが、なんにせよ調整量は十分。恥ずかしい競馬にはならないだろう。

総合評価「B」

◆【毎日王冠2021予想/追い切りジャッジ】闘志に点火した穴馬 レースまでに良化の雰囲気で高評価「A」

◆【毎日王冠2021予想/追い切りジャッジ】前走惜敗の有力馬に「A」の高評価 夏を越して全体的な底上げで本格化へ

毎日王冠2021・京都大賞典2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【京都大賞典/穴馬アナライズ】前日オッズ10倍以上の伏兵馬 実績上位で「馬券圏内も十分あり得る」

◆【京都大賞典/穴馬アナライズ】得意の舞台で輝く人気の盲点 相性抜群の「血統」で今年も高配当演出へ

◆【京都大賞典/穴馬アナライズ】波乱の立役者は前走大敗の伏兵 乗り慣れた鞍上で巻き返しに期待

▼データ予想
◆【毎日王冠】秋の異種格闘技戦 注目すべきは「血統」と「距離」で連対率100%を誇るあの馬

◆【毎日王冠】狙うは「人気薄3着」のヒモ荒れ 注目は東京への舞台替わりがプラスに働く穴馬

◆【毎日王冠/騎手データ】高い馬券内率を誇る3騎手のボックス推奨 勝率33%→50%の“爆跳ね”条件にも着目

▼危険な人気馬
◆【毎日王冠】「最強3歳世代」には明と暗あり 天皇賞秋への前哨戦で「買うべきではない」一頭とは

◆【京都大賞典】“コントレイル世代”は強いのか ジャパンカップに繋がる一戦で「買うべきではない」一頭とは

▼その他、データ傾向
◆【毎日王冠/脚質傾向】GI馬の始動戦は波乱の様相か 馬券的中のヒントは「逃げ馬」を見つける事

◆【毎日王冠/前走ローテ】「エプソムC組」が最多6連対も該当馬なし、距離別成績から見えてくるものとは

◆【毎日王冠/枠順】2強が入った枠は「過去10年勝利なし」の高い壁 注目は複勝率42.1%を誇る「6枠」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします