高橋礼華、久しぶりに再会の幼馴染とランチ…新ネイルも披露し、アジア大会後のオフを満喫

女子バドミントンの高橋礼華選手がインスタグラムを更新し、「#小学生からの仲」だという幼馴染とランチに出かけたことを報告した。

「2年ぶりにみほとランチ〜 久しぶりすぎて話すことありすぎてたくさん話した 久しぶりに会ったみほはキラキラしてました」と、幼馴染との2ショットやスイーツを楽しむ様子を見せている。

また、「#お互い刺激しあえる仲」「#みほに頑張れって言われたから頑張る」など今後の活躍を期待させるコメントも。アジア大会後のオフを有意義に過ごしたようだ。

続いて、「ネイルチェンジ〜 色を秋っぽく 初めてアシンメトリーネイルしてみました」とコメントを添え、きらびやかなネイルの写真も公開。

左右のデザインや色味を変えた、オシャレで個性的なアシンメトリーネイルに満足している様子だ。

ファンからは、アジア大会の時から高橋選手のネイルに注目していたという声が寄せられていた。

  • 「試合中、ネイルが目立ってて可愛いなと思ってました」
  • 「いつも、ラケットや羽根を持った時の手元を見て、ネイル綺麗って思いながら見つつ、プレーにも惚れ込んでます」
  • 「あやか選手いつもおしゃれでとても可愛いです」

アジア大会では48年ぶりの団体金メダルに貢献

高橋選手は、アジア大会のバドミントン女子団体で松友美佐紀選手とのペアで勝利。日本勢48年ぶりの金メダル獲得に貢献した

女子ダブルス決勝では中国のペアに敗れて優勝を逃したものの、好勝負を演じて見事に銀メダルを獲得。タカマツペアの強さと存在感を改めて示していた。

≪関連記事≫

奥原希望、アジア大会の結果に「最低ラインはクリア」…ファンからの応援に感謝の気持ちをあらわす

奥原希望が「最強で、最高のチーム」での集合写真を公開…女子バドミントン団体が48年ぶりにアジア制覇

高橋礼華、ユーバー杯優勝カップから「はい、ひょっこりはん!」…圧倒的な強さで37年ぶり優勝

加藤美優のネイルがかわいい!女子力高めなインスタに注目

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします