柿木蓮はいじられキャラ?侍ジャパンU-18のオフショットに反響

侍ジャパン公式インスタグラムが9月9日に更新され、第12回 BFA U18アジア選手権に参加したU-18野球日本代表のオフショットが公開された。柿木蓮投手(大阪桐蔭)吉田輝星投手(金足農)市川悠太投手(明徳義塾)がピックアップされている。

今回投稿されたのは、吉田投手が柿木投手の右耳を引っ張っているところに、笑顔の市川投手も近づき左耳を引っ張っている写真。2人がかりで柿木投手を攻める様子からは仲の良さがうかがえた。

練習の合間に高校生らしい笑顔を見せる3人に、野球ファンからも「やっと笑顔見れた感じがする」「笑顔が見れて良かった」「ほっんとに、仲良し」となどのコメントが寄せられている。

アジア大会の中継を担当したAbemaTVのインタビューでは、チームメイトにいじられキャラであることを暴露されていた柿木投手。そのキャラクターでチームに明るさをもたらした。

日本は3位でワールドカップ出場権を確保

高校野球のスターが日本代表として戦ったアジア野球選手権大会。日本は韓国と台湾に敗れ、決勝進出と連覇は逃したものの、3位決定戦では中国から14-1のコールド勝ちを収めた。

日本代表は中国に先制を許すも、1回途中からリリーフ登板した柿木投手が6回まで無失点に抑える好投を見せる。最近2試合で湿っていた打線もよく打ち、14-1の大勝で大会を締めくくった。

この試合により、2019年のU-18ワールドカップ出場権を確保した日本代表。ギリギリの結果だったが、先輩から後輩へのバトンは見事に繋がった。

11日には代表チームの解団式が行われ、参加メンバーはそれぞれの高校へと戻った。彼らの活躍をより高いステージで見られる日を心待ちにしたい。

≪関連記事≫

【甲子園】近江高校の去り際が感動を呼ぶ…「高校野球最高や!」「あいつハンパないって」「あれがプロやな」

【甲子園】大阪桐蔭・中川卓也が流した涙…「周りのみんなが支えてくれた」

【甲子園】奇跡的なタイミングで現れた虹に感動の声…金足農・吉田輝星の涙が秋田と甲子園を繋ぐ

【甲子園】大阪桐蔭・柿木蓮は脅威の高校生!いろいろと“プロ並み”だと話題に

【甲子園】丸亀城西・大前輝明の笑顔が爽やかすぎると話題に…「これぞ高校野球」という声も