【セントライト記念/追い切り診断】人気一角の実績馬に「B」評価 素質十分も取りこぼす可能性も

■アスクビクターモア

【中間調整】弥生賞ではドウデュースを撃破し勝利。皐月賞は逃げて5着、日本ダービーは2番手から粘り3着と世代最上位級の力の持ち主だ。秋の最大目標は未定ながら復帰初戦をセントライト記念とすることは早々に決定。日本ダービー後の休養放牧を経て8月16日に美浦へ戻っている。20日の初時計では坂路13-13を消化。25日にはウッド3Fで38秒を切っており、牧場で順調に過ごせたようだ。1週前追いは過去3走と同様、助手騎乗でウッド単走。若干素軽さに欠け、ラストに見せムチを何回も出されてようやく反応して伸びる、という内容だった。

◆【セントライト記念2022予想/データ攻略-後編】「連対率100%」が強力後押し 舞台適性も文句なしの穴馬とは

【セントライト記念/データ攻略-後編】「連対率100%」が強力後押し 舞台適性も文句なしの穴馬とは

【最終追い切り】最終追いもウッド単走。まだ反応に鈍さを残すものの1週前よりは軽快さがあり、見せムチ一発ですんなり手前を替え、まずまずの伸びを示している。

【見解】帰厩後は調整過程こそ順調そのものだが、時計的にあと一段階攻め込めておらず、体もまだ立派。いかにも先を見据えている感は否めない。1週前に感じた鈍さが当週で解決していればよかったが、まだ残っていたあたりも仕上がり途上を物語る。実績は断然で力だけでなんとかしてしまって不思議はない存在だが、取りこぼす可能も考えておきたいところだ。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】アスクビクターモアを上回る高評価 「体調面に不安は感じない」

【セントライト記念/追い切り診断】アスクビクターモアを上回る高評価 「体調面に不安は感じない」

◆【追い切り診断】最高評価「S」は連対率100%の人気馬 前走の反動なし「絶好の仕上がり」

【セントライト記念/追い切り診断】最高評価「S」は連対率100%の人気馬 前走の反動なし「絶好の仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に高評価「A」 「ここにまずは全力投球か」

【セントライト記念/追い切り診断】人気一角の重賞馬に高評価「A」 「ここにまずは全力投球か」

セントライト記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】連対中の上がり馬は“消し”評価 「同世代の実績馬相手だと厳しい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】前走圧勝の上がり馬に不安要素 「馬券内率0%」の壁を打ち破るか

◆【データ攻略-後編】「連対率100%」が強力後押し 舞台適性も文句なしの穴馬とは

◆【騎手データ】条件合致で“連対率50%”超えに注目も 人気馬は頭で決まり

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】オニャンコポンとアスクビクターモアが5枠に ガイアフォースは“連対率0%”の鬼門

◆【血統傾向】中山で覚醒する単回収値「350」の配合 前走惜敗も“人気落ち”の穴馬とは

◆【脚質傾向】先行が圧倒的有利も 注目すべきは上がり3F

◆【前走ローテ】最多6勝の日本ダービー組が本命も 注目したい穴馬候補とは

◆【動画プレーバック/セントライト記念2021】1番人気タイトルホルダーを破り、9番人気アサマノイタズラが外から差し切って重賞初勝利

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします