【マイルCS/人気傾向】上位人気を信頼も、好配当を呼び込む“中穴”の人気帯とは

[マイルチャンピオンシップ]過去10年の人気傾向
[マイルチャンピオンシップ]過去10年の人気傾向

20日に阪神競馬場で行われる第39回マイルチャンピオンシップ(GI、芝1600m)の過去10年データを紹介する。

今春のヴィクトリアマイルでGI3勝目を挙げた白毛の女王・ソダシ、前走・毎日王冠で2年ぶりの勝利を飾ったサリオス、前年のマイルCS2着のシュネルマイスター、3歳世代からセリフォスダノンスコーピオンなど、各世代の一線級マイラーが集結する。

ここでは予想のヒントになる「人気傾向」を分析していく。

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 「前走の反動かモタモタした姿」

■近年は5~7人気が台頭

過去10年、1番人気は【2.2.2.4】複勝率60.0%。2年連続で優勝しているが、いずれもグランアレグリアであり、それ以前の戴冠は2009年のカンパニーまで遡る。2番人気は【1.4.0.5】と2着止まりの歴史があり、優勝は2013年のトーセンラーのみ。

むしろ、3番人気【2.4.0.4】、4番人気【3.0.1.6】が好調で、単勝オッズで見ると5.0~6.9倍【3.3.1.6】、7.0~9.9倍【2.2.0.7】と、このオッズ帯が勝負圏内に食い込んでいる。

1+2番人気の組み合わせは昨年のワン・ツーを含め過去3回、1+3番人気の組み合わせは3回、2+3番人気の組み合わせは2回。2013年は2→3→1番人気の決着もあり比較的、平穏決着が続く。

ただし、近年は5~7人気の中穴が台頭するケースが多く、昨年は5番人気ダノンザキッドが3着、2020年も5番人気のアドマイヤマーズが3着、19年は6番人気ペルシアンナイトが3着。上位人気を軸としつつ、5~7番人気を相手に組み込むのが正解か。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソダシとサリオスは“勝率0%”の3枠に 警戒すべき好枠の伏兵とは

◆【脚質傾向】「上がり最速でも届かない」 外回りコースも“末脚不発”の傾向

◆【前走ローテ】“復活V”で人気上昇のサリオスに警鐘 狙いは「前走2着以下」

◆【動画プレーバック/マイルチャンピオンシップ2021】グランアレグリアがラストランで連覇を達成、GI6勝目を飾った

マイルチャンピオンシップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】V字回復の重賞馬に「A」評価 「借りを一気に返す可能性」

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「ここが“メイチ”のフシ」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 「前走の反動かモタモタした姿」

◆【追い切り診断】上位人気の一角は「A」の高評価 「意図した通りの上昇ぶり」

▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞馬に勝率100%の“鉄板”条件 GI初制覇へ「絶好のチャンス到来」

◆【データ攻略】前走惨敗から“復活”の舞台へ 馬券内率10割で「不安要素を打ち消す」

◆【データ攻略】想定オッズ“20倍”前後の伏兵 「訳あり」の連敗から馬場適性で再浮上

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超の妙味 驚異の「2.1.2.1」を誇る鞍上×コース実績

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後でも買い 「本来は有力馬に数えられていい存在」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「道悪が嫌われてこのオッズはオイシイ」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走惨敗で想定“8人気”前後 「巻き返しの材料はたっぷりと揃った」

◆【危険な人気馬】3歳ツートップの1頭は“消し” 「条件を考えれば物足りない内容」

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“6割”超 浮上した2騎で「1点勝負の価値あり」

▼血統傾向
◆【血統傾向】「馬券内率7割」超えに合致 勢いに乗る想定“10人気”前後に注目

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします