Advertisement

【中山金杯/脚質傾向】上がり最速より“3位”が優位 先行勢に注目も「抽選組」の存在がカギ

 

【中山金杯/脚質傾向】上がり最速より“3位”が優位 先行勢に注目も「抽選組」の存在がカギ
[中山金杯]過去10年の脚質傾向

5日に中山競馬場で行われる第72回・中山金杯(GIII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

前走・中日新聞杯でクビ差2着のマテンロウレオ、前走・甲斐路Sを快勝しオープン入りしたラーグルフ、ラジオNIKKEI賞勝ちのフェーングロッテンら明け4歳馬を中心に、重賞で善戦が続くアラタウインキートスなどが出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【中山金杯2023予想/追い切り診断】ラーグルフを上回る最高評価「S」 「春から格段に精神面が強くなった」

■前で押し切る持久力が求められる

過去10年、逃げ【0.1.1.8】、先行【4.5.1.23】、差し【6.3.7.53】、追込【0.1.1.45】と中団で競馬を進めた馬が中心。逃げや追込の極端なポジションでは通用しない。

[中山金杯]過去10年の脚質傾向

ウイニングポジションは【5.6.2.34】を誇る4角3~6番手。昨年のレッドガランは4角6番手から上がり3F3位の脚で優勝、2021年のヒシイグアスら4角6番手以内が4位までを独占、20年もトリオンフら4角6番手以内が5位までを独占している。また、上がり3Fの成績は1位が【1.1.1.9】、2位が【1.0.2.8】、3位が【4.0.1.9】、4・5位が【2.2.3.9】、6位以下が【2.7.3.94】となっており、最速よりも前で押し切る持久力が求められている。

特に、上がり3位の馬が勝率・連対率28.6%、複勝率35.7%とトップクラスの成績を誇っている。2019年には58キロのハンデを背負ったウインブライト、21年はヒシイグアス、22年はレッドガランが上がり3位の末脚で優勝しているだけに上がり最速よりも、持久力がある馬に注目したい。

◆【中山金杯2023予想/危険な人気馬】実績上位の4歳馬は“消し”評価 「持ち味を発揮できないコース」

Advertisement


■小回り中山に合うウインキートス

マテンロウレオは、前走の中日新聞杯では4角4番手から上がり9位で2着に、2走走前のアンドロメダSでは4角3番手から上がり3位で優勝している。中山は3戦全てが掲示板外だが、ホープフルSや皐月賞で上がり上位の脚を繰り出し、1秒差以内の負けなら悲観する内容ではない。むしろ脚質的には中山は合いそうだ。

ラーグルフは全4勝が全て上がり最速。ただし、キレキレの追込馬というわけでもなく、重賞・GIに入るとむしろ瞬発力で劣る。中団からじわりと脚を伸ばすタイプだけに、前走のように発馬をスムーズに決めて好位で競馬ができれば悲願の重賞タイトルに手が届く。

前述2頭以上に注目はウインキートス。取り口がうまく4角では必ず勝負圏内で立ち回ってくるレースぶりは、小回り中山にアジャストする。事実、中山は【2.5.2.4】で複勝率69.2%とハイアベレージ。ハンデ1キロ増でも侮れない。

問題は「ハナ」争い。抽選組の逃げ馬シャムロックヒルが出走してくれば隊列はわかりやすいが、本馬が抽選落ちなら、不振の逃げをウインキートスが担う可能性もある。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】重賞組が優位も「GI組は消し」 近年トレンドから伏兵2騎が浮上

◆【動画プレーバック/中山金杯2022】4番人気レッドガランが直線で抜け出し2馬身半差をつける快勝で重賞初制覇

中山金杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】「令和の金杯男」は条件合致で“連対率100%” 押さえておくべきジョッキーとは

Advertisement


▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“13人気”前後に高評価「A」 「気迫は前走時以上のものがある」

◆【追い切り診断】人気一角の4歳馬に辛口「B」 「攻め全体が手緩く、テンションも危うい」

◆【追い切り診断】ラーグルフを上回る最高評価「S」 「春から格段に精神面が強くなった」

▼データ攻略
◆【データ攻略】前走完敗も「1.0.2.0」条件で参考外 中山“トレンド”の血統構成も後押し

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超でコース不得意説を一蹴 脚質転向で「リベンジ」可能

◆【データ攻略】「1.2.2.0」を味方に狙う重賞初V “10人気3着馬”も該当する好条件とは

◆【データ攻略】想定“8人気”前後に食指 実績不足をカバーする「馬券内率100%」条件

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「実質ハンデ据え置きでオイシイ」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の伏兵 「今回のメンバーに入れば威張れる」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“10人気”以上の爆穴 「終い確実に脚を伸ばしてくるタイプ」

◆【危険な人気馬】実績上位の4歳馬は“消し”評価 「持ち味を発揮できないコース」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“3桁”の穴馬 1月開催で馬券内率「6割超」に爆跳ねの配合

◆【血統傾向】単勝“6人気”前後の妙味 枠の不利をカバーする単回収値「435」条件

文●SPREAD編集部