Advertisement

【中山金杯/追い切り診断】人気一角の4歳馬に辛口「B」 「攻め全体が手緩く、テンションも危うい」

 

【中山金杯/追い切り診断】人気一角の4歳馬に辛口「B」 「攻め全体が手緩く、テンションも危うい」

■ラーグルフ

【中間調整】2歳時にホープフルSで3着に入った素質馬。昨年は重賞でこそ結果を出せなかったが、秋に自己条件で2勝を上積み。前走の準オープン勝ち後は早い段階から中山金杯を念頭にいったん放牧に出され、12月初頭に帰厩。体調面に問題があるのか、負荷そのものは軽いながら調教本数は順調にこなしている。1週前追いにあたる12月28日のウッド単走では馬場の外めを回し、まずまずの伸びを見せた。

◆【中山金杯2023予想/穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「実質ハンデ据え置きでオイシイ」

【最終追い切り】1月3日の坂路単走が本追い切り。終始セーブ気味で時計は地味だが、ラストはしっかり踏み込めていた。

【見解】本数の多さでカバーできているかもしれないが、やはり体調面を気遣って攻め全体が手緩い感は否めない。正直、恰好がついたと言える動きは1週前のウッド追いだけだ。最終追いではガスが抜け切っていないのか、テンション面でも危うい素振りがあった。実績から中山芝2000mはベスト条件と言えるが、人気ほどの信頼は置きづらい。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“13人気”前後に高評価「A」 「気迫は前走時以上のものがある」

◆【追い切り診断】ラーグルフを上回る最高評価「S」 「春から格段に精神面が強くなった」

中山金杯2023予想コラム一覧

▼データ攻略
◆【データ攻略】前走完敗も「1.0.2.0」条件で参考外 中山“トレンド”の血統構成も後押し

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超でコース不得意説を一蹴 脚質転向で「リベンジ」可能

Advertisement


◆【データ攻略】「1.2.2.0」を味方に狙う重賞初V “10人気3着馬”も該当する好条件とは

◆【データ攻略】想定“8人気”前後に食指 実績不足をカバーする「馬券内率100%」条件

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「実質ハンデ据え置きでオイシイ」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の伏兵 「今回のメンバーに入れば威張れる」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“10人気”以上の爆穴 「終い確実に脚を伸ばしてくるタイプ」

◆【危険な人気馬】実績上位の4歳馬は“消し”評価 「持ち味を発揮できないコース」

▼騎手データ
◆【騎手データ】「令和の金杯男」は条件合致で“連対率100%” 押さえておくべきジョッキーとは

Advertisement


▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“3桁”の穴馬 1月開催で馬券内率「6割超」に爆跳ねの配合

◆【血統傾向】単勝“6人気”前後の妙味 枠の不利をカバーする単回収値「435」条件

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】重賞組が優位も「GI組は消し」 近年トレンドから伏兵2騎が浮上

◆【脚質傾向】上がり最速より“3位”が優位 先行勢に注目も「抽選組」の存在がカギ

◆【動画プレーバック/中山金杯2022】4番人気レッドガランが直線で抜け出し2馬身半差をつける快勝で重賞初制覇

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。