「全く流行ってない」日本代表の謎ポーズに槙野智章が痛烈ツッコミ

日本代表DF槙野智章選手がインスタグラムにチームメイトとの集合写真を投稿。多くの代表メンバーが謎のポーズとともに笑みを浮かべている。

 

View this post on Instagram

 

一つだけ言わせて。 全く流行ってないポーズだから、 敢えてみんなで。 決戦の地へ、出発! #流行ってないよ

槙野智章 Tomoaki Makinoさん(@makino.5_official)がシェアした投稿 –

謎のポーズの正体

槙野選手らの謎のポーズは、24日のベトナム戦において披露されたもの。

この試合、堂安律選手が決勝点となるPKを決める。チームメイトに祝福された後、長友佑都選手と一緒に謎のポーズをスタンドのサポーターへ披露した。

両手をじゃんけんのチョキの形でクロスし、手の甲を見せるようなこのセレブレーション。多くのファンは、このポーズが何を意味するものなのか所見では分からなかっただろう。

特に意味は無く直感で決まったポーズ

この試合において、堂安選手はゴールを決められなかった場合、頭を丸めると長友選手へ事前に約束していたという。

試合後のインタビューにおいて長友選手は「ゴールパフォーマンスはやろうと思っていた」「何をやるかは決めていなかったので直感で決めた」と語っている。

チョキの手はハサミの表現だろう。無事にゴールを決めて丸刈り回避を祝う意図だろうか。

全く流行っていない

しかし、今回の槙野選手の投稿には「#流行ってないよ」とハッシュタグが。確かに今の所、チョキのゴールパフォーマンスは、本田圭佑選手の「敬礼ポーズ」などと比べると、流行する気配を見せていない。

この自虐的なツッコミを見たファンからは「決勝でも謎ポーズが観たい」「これから流行らせましょう」といった声が寄せられていた。

アジアカップ決勝で披露できれば、謎のポーズも一段と知名度が上がることだろう。ぜひとも堂安選手には大舞台でゴールパフォーマンスを決めてもらいたいと願うばかりだ。

≪関連記事≫

アジアカップ11戦無敗のザッケローニ、決勝戦で発足以来無敗の森保ジャパンと対戦なるか

堂安律、“大の巨人ファン”だった!満面の笑みで阿部慎之助のモノマネ

グラビアを交えて真野恵里菜を特集…ベトナムメディアの日本代表記事が斜め上

堂安律と霜降り明星・粗品の顔が似ていると話題!共に関西出身のスーパースターで日本の新エース

堂安律がおばたのお兄さんに似ていると話題に…おばたのお兄さん本人はツイッターでアジアカップ出場を否定

【アジア杯】オマーン戦出場の新成人・堂安律と冨安健洋、成人式欠席理由がカッコよすぎると話題に

堂安律が大阪に凱旋!代表のガンバ3ショットに反響「ただいまパナソニックスタジアム」

アジアカップ日本代表招集の大型DF冨安健洋、名字を間違えると「冨安警察」が出動?

柴崎岳と南野拓実がヒゲを生やす!トルクメニスタン戦のワイルドな風貌が話題に

サッカー日本代表・南野拓実が山崎賢人似のイケメンだと話題に…「端正な顔だけじゃなくプレーもイケメン」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします