Advertisement

【桜花賞/追い切り診断】前走以上の大仕事があっても……フロック視“禁物”の想定15人気前後を「高評価」

【桜花賞/追い切り診断】前走以上の大仕事があっても……フロック視“禁物”の想定15人気前後を「高評価」

■ハワイアンティアレ

【中間調整】3カ月の休養で立て直され臨んだ2月京都の未勝利戦では、好位から最速の末脚を繰り出し勝利。そこから中4週のチューリップ賞は初の阪神、一気の相手強化がどうかと思われブービー15番人気の支持ながら、直線では馬込みを捌いて渋太く伸び0秒3差3着に激走を果たした。出遅れなど、まだ若さを残した状態での走りで鞍上・西村淳騎手が「まだ上積みはある」とレース後にコメントしている。

その後目立った反動はなかったようで、切符を獲得した桜花賞への進出が決定。在厩で調整されている。3月20日に坂路14-14をこなしたのが初時計。ラスト2Fは13秒4-12秒8といい加速ラップを踏めていた。27日の1週前追いには今回初コンビを組む池添騎手が騎乗し、坂路で調整。調教欄上は「単走」表記となっているが、実際は目標とした相手を一気に追い抜き独走したもの。抜き去る際の気迫、加速の鋭さに相手が白旗を挙げて抵抗をあきらめたような内容だった。4F52秒8(馬なり)は自己ベストを更新する数字。

◆【桜花賞2024予想/追い切り診断】ステレンボッシュを超える「S」評価 GI舞台にふさわしい“抜群”の攻め気配

【最終追い切り】レース当週も池添騎手が騎乗。CWで3歳未勝利を2秒近く先に行かせ、これを追う併せ馬を行った。道中楽な手応えで差を詰めると、コーナーワークであっさり抜き去ってしまう。直線ではほぼ単走の形ながらフワッとすることなく、豪快に脚を伸ばし3馬身の先着とした。

【見解】前走は出遅れていなければ優に勝ち負けになっていたはずで、スウィープフィートら先着された2頭と遜色ない力の持ち主と考えていいだろう。前走時で420キロと華奢な馬。それでも1週前不良馬場の坂路で自己ベスト更新、最終追いはCWで併せ馬をこなせるあたり、よほど健康状態に不安なしといったところか。前走のように馬群を捌ける根性はあるし、この中間の稽古では抜き去る際に凄い気迫を披露。そして抜け出してもフワっとしない集中力も好感で、メンタル面での強靭さは抜群。心身充実。前走以上の大仕事があっても。

総合評価「A」

桜花賞2024 予想コラム一覧

馬券攻略

【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc.「追い切り評価はアスコリピチェーノとチェルヴィニアで明暗」 お役立ち馬券攻略ガイド

【まとめ】芸能人・予想家の「桜花賞2024」本命・注目馬予想まとめ

Advertisement


【まとめ】「桜花賞2024」大口投票パトロール ステレンボッシュの複勝に100万円か

【高配当メソッド】単勝1倍台の1人気でも“わずか2勝”で3連単「23万馬券」など 堅め決着も逆転あり

追い切り診断

【追い切り診断】ステレンボッシュを超える「S」評価 GI舞台にふさわしい“抜群”の攻め気配

【追い切り診断】アスコリピチェーノを上回る「A」評価 「大先輩を子供扱い、勝ち負けできる状態」

【追い切り診断】世代上位の阪神JF好走馬に辛口「B」評価 「ギリギリの帳尻合わせに不満」

データ分析・過去傾向

【データ攻略】想定6人気以下でも”ベタ買い推奨” 単勝回収値「1005」で目論む阪神JF組への下剋上

【データ攻略】サンデーR所属馬に「83 or 0%」の明暗 “消し”ジャッジの想定3人気内馬は

Advertisement


【全頭診断】歴代三冠馬にも当てはまる「3.1.0.0」鉄板級データ アスコリピチェーノは“単勝”の不安あり

【枠順傾向】アスコリピチェーノに“馬券内率60%” ステレンボッシュなど6枠より外はマイナス

【前走ローテ】アスコリピチェーノに“鉄板”条件 チューリップ賞組は「2着以下」に穴妙味

【血統予想】「馬券内率71%」で女王戴冠へ “阪神JF未出走”組に馬券軸推奨の特注データ

穴馬予想・その他コラム

【穴馬アナライズ】「前走は着差以上に強い、好枠から粘り込めば高配当の使者になる」 想定“8人気”前後の穴馬

【穴馬アナライズ】「末脚は一級品、実績不足を補うだけのポテンシャルを秘めた1頭」 単勝オッズ15倍超の伏兵

注視すべき“6番人気の単勝オッズ” 特定条件で「的中率75%・回収率100%超え」の券種とは

「関西馬30勝、関東馬8勝」の歴史 現3歳牝馬で1歩リードのアスコリピチェーノに暗雲も……

【危険な人気馬】前走重賞ウイナーを“消し” 馬券内率4.7%の不安材料に加えて「血の克服も命題」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。