フェルナンド・トーレス、元チームメイトの加藤恒平と食事へ 「カトーレス」コンビ

7月4日、サガン鳥栖に所属する元スペイン代表のフェルナンド・トーレス選手が自身のインスタグラムを更新。

昨シーズンにサガン鳥栖に所属し、現在はポーランドのヴィジェフ・ウッチでプレーしている加藤恒平選手と食事へ行った際の写真を投稿した。

フットボールが与えてくれた友人、足を運んでくれてありがとう」と、加藤選手の帰国に合わせて一緒に食事へ行ったようだ。

加藤選手はスペイン語に長けていたこともあり、トーレス選手がサガン鳥栖へ移籍してきた際に潤滑油的存在になっていた。

「カトーレス」コンビ

加藤選手も同様に、トーレス選手とのひと時を自身のインスタグラムに投稿した。

スペイン語で、「あなたと過ごす時間はいつも素晴らしい。ありがとう」と綴っており、ファンからは「カトーレス!!」と二人の名前を合わせたコンビ名もコメントで寄せられた。

さらに昨年のシーズン終了後、加藤選手がサガン鳥栖を離れる際にも食事をしていたようで、その際もトーレス選手への感謝の想いが綴られていた。

「あなたと一緒の時間を共有できたことは素晴らしい経験だった。多くのことを学ばせてもらった」

「永遠に変わらない素晴らしい思い出。すべてに感謝したい」

この加藤選手の投稿には、トーレス選手と過ごしたサガン鳥栖時代の思い出の写真が複数枚アップされており、トーレス選手への深い信頼が伝わってくる。

元チームメイト同士、今回の食事もきっと充実したひと時となっただろう。

《関連記事》

フェルナンド・トーレス、引退で見えた日本への愛

フェルナンド・トーレス、横綱・白鵬とランチ「刺激的な話をした」

トーレスがイニエスタとの2ショットを公開…15歳から共に戦ってきた盟友

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします