南アフリカ代表 シヤ・コリシ、鈴鹿サーキットでF1日本グランプリを観戦「夢が叶いました」

10月13日、ラグビー南アフリカ代表主将のシヤ・コリシ選手が、チームメイトのマルコム・マルクス選手と共に、F1日本グランプリが開催された鈴鹿サーキットを訪問した。

翌日、コリシ選手は「昨日のジャパンGPでレッドブル・ホンダと一緒に過ごす夢が叶いました」と、インスタグラムに喜びを綴っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dream come true to spend time with @redbullracing at the Japanese GP yesterday! Thanks @redbullza for the hospitality! #givesyouwings #redbullfam #JapaneseGP

Siya Kolisiさん(@siya_kolisi_the_bear)がシェアした投稿 –

レッドブル・ホンダのフェルスタッペンをサプライズ訪問

南アフリカのメディアは、コリシ選手がレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手に会い、南アフリカ代表のユニフォームを手渡したと伝えた。

以前からファンだったというフェルスタッペン選手をサプライズ訪問し、コリシ選手も上機嫌。マシン近くで撮影した自撮りもインスタグラムに上げている。

コリシ選手の訪問にファンからは、「私の好きなキャプテンとドライバーが出会った!」「素晴らしい2ショットだね」「大好きな2人が同じ写真に収まってるなんて」などの反応が寄せられている。

≪関連記事≫

カナダ代表 ジョシュ・ラーセン、試合後に相手ロッカーを訪問し危険なプレーを謝罪 南アフリカも粋な対応で返す

コリシとアードロン、観客が投げ込んだスマホで南アフリカとカナダの両主将が自撮り

稲垣啓太が代表初トライ 試合後は被災地への思い語る「ラグビーで元気を取り戻していただきたい」

スコットランド戦POMは福岡堅樹!プレゼンターは大坂なおみ 錦織圭も応援

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします