ラファエレ・ティモシー「決して忘れることのない経験をありがとう。一生の宝物」

CHOFU, JAPAN - OCTOBER 20: Timothy Lafaele (L) and Fumiaki Tanaka of Japan walk off the pitch following defeat in the Rugby World Cup 2019 Quarter Final match between Japan and South Africa at the Tokyo Stadium on October 20, 2019 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Richard Heathcote - World Rugby/World Rugby via Getty Images)

『ラグビーワールドカップ2019日本大会』で史上初のベスト8進出を果たした日本代表。その経験は選手たちにとっても忘れられないものになった。

同代表のラファエレ・ティモシー選手が10月23日にツイッターを更新。関係者やファンに感謝の言葉を綴った。

仲間と闘ったW杯は一生の宝物

ラファエレ選手は開幕戦のロシア戦から、決勝トーナメント準々決勝の南アフリカ戦まで5試合全てに出場。サモア戦ではトライも決めている。

「監督、コーチ、マネージャー、トレーナー、フィジオ、その他日本代表に関わった全ての皆さま本当にありがとうございました」

まずは支えてくれたスタッフに感謝するラファエレ選手。続いて共に戦った仲間たちに声をかけた。

「かけがえのないチームの仲間へ、決して忘れることのない経験をありがとう。一生の宝物です」

家族や友人にも「いつもサポートしてくれ、ベストを尽くすように励ましてくれた」とメッセージを向けた。

熱く応援してくれたファンにも感謝

続く投稿でラファエレ選手は会場を盛り上げたファンにも感謝。

「ファンの皆さま、チームを応援してくださり、これが日本のサポーターだ!というものを世界に披露してくださりありがとうございました!言葉では言い表せないほど感謝しています」

投稿にはロシア戦でボールを持ったラファエレ選手が相手ディフェンスを突破する写真や、桜のジャージに染まったスタンドをバックにチーム全員で撮影した写真が添えられている。

ラファエレ選手の投稿にファンからも感動の声が寄せられている。

  • ラファエレ選手の早いパス、献身的なディフェンス、サモア戦のトライ、魅了されました!
  • 心一つにONE TEAMとなった日本チーム、感動をありがとうございました
  • 日本代表の素晴らしい闘いに感動しました!

≪関連記事≫

ワールドラグビー会長、日本代表の躍進に言及 「彼らの偉業を誇ることに、ラグビーに詳しいかは関係ない」

堀江翔太、強い身体のベースは「オカンに感謝」

ムタワリラが稲垣啓太と固く握手 「謝罪する機会を得られて嬉しい」「日本は素晴らしいホスト国」

流大とデクラークがユニフォーム交換 「彼のようなプレーヤーにならないと」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします