ヴィンピー・ファンデルヴァルト、南アフリカ代表フェルミューレンを激励 出身高校の先輩と後輩

高校の先輩と後輩がW杯で対決

そんな漫画のような出来事が『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』準々決勝で起こっていた。

主役は日本代表のヴィンピー・ファンデルヴァルト選手と、南アフリカ代表のドウェイン・フェルミューレン選手。両者はともに南アフリカのネルスプロイト高校出身。フェルミューレン選手が先輩にあたる。

試合後には肩を組んで記念撮影

日本と南アフリカは10月20日にW杯準々決勝で対戦。前半は競った展開となったが、後半には地力の差が現れ、南アフリカが26-3で勝利した。

24日にツイッターを更新したフェルミューレン選手は、試合後に撮影したヴィンピー選手とのツーショットを投稿。肩を組んで笑顔のフェルミューレン選手は「彼のことを誇りに思う」とヴィンピー選手を讃えた。

このツイートを引用してヴィンピー選手は「ありがとうございました。準決勝がんばってください」と激励した。

ヴィンピー選手とフェルミューレン選手の肩組みショットには、ファンから「ネルスプロイト出身の2人が一緒にいるところを見られて嬉しい」「なんて美しい写真」「いい試合をしたあとの可愛らしい笑顔ですね」などのコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

ヴィンピー・ファンデルヴァルト「すべてのサポートに感謝」 日本代表として戦った出身国・南アフリカとの一戦

ワールドラグビー会長、日本代表の躍進に言及 「彼らの偉業を誇ることに、ラグビーに詳しいかは関係ない」

ムタワリラが稲垣啓太と固く握手 「謝罪する機会を得られて嬉しい」「日本は素晴らしいホスト国」

流大とデクラークがユニフォーム交換 「彼のようなプレーヤーにならないと」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします