7人制ラグビー、代表候補メンバーに「お年玉」 ポチ袋の中身は…?

東京五輪でのメダル獲得を目指す男子7人制ラグビー(セブンズ)の日本代表候補たちに、新年のお年玉が配られた。

1月6日に日本ラグビーフットボール協会公式ツイッターが動画を公開。選手一人ひとりに『大入』と書かれたポチ袋を配る様子が映っている。選手たちは中身が気になってそわそわ。

全員に配り終わるのを待ってから合図で一斉に開けた。中から出てきたのは数枚の1000円札……を模したチョコレート。ポチ袋の中身に「大当たり!」「一番少ない!」と一喜一憂した。

東京五輪ではメダル獲得を目指す

7人制ラグビーはオリンピックの正式種目として争われる。前回のリオ五輪で日本は4位。東京ではメダル獲得を目指す

昨年の15人制ラグビーワールドカップで活躍した福岡堅樹選手、レメキ・ロマノ・ラヴァ選手、松島幸太朗選手も7人制でのオリンピック出場に意欲を見せており、今後さらにセブンズ五輪代表争いは激化しそうだ。

さっそく6日から府中合宿も始まり、選手たちは精力的に活動している。

≪関連記事≫

ワールドラグビー・セブンズシリーズに挑む7人制ラグビー日本代表が語る 7人制の魅力と東京五輪への展望

松井千士「まだまだ成長できる」 7人制ラグビー代表、オセアニアセブンズで3位に プール戦ではオールブラックス撃破

藤田慶和「みんなで乗り越えた」 セブンズ日本代表が砂漠で坂道ダッシュ

藤田慶和、ドバイのインスタ映えスポット『ドバイフレーム』を紹介 撮影に工夫も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします