リコー・大川創太郎が手洗い、アルコール消毒のやり方を紹介「これであなたも手洗いマスター!」

日本全国で感染者が確認されている新型コロナウイルスの広がりを受け、ジャパンラグビートップリーグはリーグ戦の延期を決定した。2月29日、3月1日に予定されていた第7節は3月21日、22日に振り替えられる。

コロナウイルスの感染経路として指摘されている行動の1つに、ウイルスが着いた手で気づかず顔を触ってしまうというものがある。CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、公式サイトで「目、鼻、口などに触れないでください」と注意喚起する。

そのため小まめな手洗いが感染予防には有効。合わせて手洗いは、回数だけでなく正しい方法で行うことも重要だ。

リコーブラックラムズは大川創太郎選手による、手洗いの解説動画を公開した。

手の平だけでなく爪の間、指の間、親指、手首もしっかり洗う

チーム内でもトレーナーから手洗いの仕方について指導があったというリコー。“自称チーム1の綺麗好き”大川選手が実演する。

2本ある動画の1本目では水道で手を洗う。その際の注意点は以下のポイント。

  1. まずは水洗い
  2. 石鹸は適量と思う2倍つけて泡立てる
  3. 手の平だけでなく指の間爪の間親指手首もしっかり擦り合わせる
  4. 泡を綺麗に洗い流したら、もう1度同じことを繰り返す

2本目の動画はアルコールスプレーを使った手指の除菌。よくやってしまいがちな例として、スプレーを軽くプッシュして手の平を擦り合わせる大川選手。だが、これでは効果が薄い正しいやり方を見せる。

  1. アルコールは長めにワンプッシュ。手の平に溜まるくらい出す。
  2. 手の平だけではなく爪にも染みこませる
  3. 指の間親指手首にも塗布していく

 

この投稿をInstagramで見る

 

選手広報グループです。 自身でできる感染予防として手洗いはとても大切です。 先日、チーム内でもトレーナーから手洗いの仕方についてアナウンスがありました。 そこで今回はその手洗い方法とアルコール消毒のやり方をファンの皆さんにもご提供したいと思います! 【自称チーム1の綺麗好き】大川選手が、分かりやすく説明してくれています! 是非参考にしてみてください! 皆さんも目指せっ、手洗いマスター👐 #感染予防#手洗い#手洗いマスター #rugby#topleague#ricoh#blackrams#ラグビー#トップリーグ#リコー#ブラックラムズ#選手広報グループ

RICOH BlackRams(@blackrams_official)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

ピーター・ラブスカフニ、トップリーグ延期も「また皆さんに会えることを楽しみにしています」

流大、トップリーグ延期もサンウルブズの応援を呼びかけ 小倉順平は2017年以来のスーパーラグビー復帰

福岡堅樹、“猫の日”に愛猫の写真を投稿 「画になる美猫ちゃん」と反響

「もしラグビー日本代表の選手たちでサッカーチームを作ったら」 山中亮平“監督”が戦術を解説

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします