【プロ野球】セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「柳田悠岐の豪快弾など“空中戦”の開幕3連戦プレーバック」

ソフトバンク・柳田悠岐 (C)共同

プロ野球は26日から28日にかけて全12球団の開幕3連戦を終え、セ・リーグは阪神、パ・リーグはソフトバンクが3連勝を飾って単独首位に立った。

楽天辰己涼介は日本ハム戦の初回、初球から開幕戦先頭打者ホームランを放つと、阪神サンズはヤクルト戦で1試合2ホーマー、巨人亀井善行がDeNA戦の9回裏に代打サヨナラアーチを決めるなど、“空中戦”となった26日の開幕戦。

◆【動画】パ・リーグホームラン5選プレーバック 柳田悠岐、詰まりながらの弾丸アーチに驚愕

ここでは、昨季のセ・パ打率TOP5の開幕3連戦における、安打数の推移グラフで「好不調」をチェックしていく。

■セ・リーグ打率TOP5(昨季)

DeNA・佐野恵太

▼昨季通算
率.328 |打402 |安132 |本20 |点69|振58
▼最近5試合(オープン戦+公式戦)
率.176|打17|安3|本1|点1 |振4

昨季はシーズン初本塁打に開幕から1ヶ月を要したが、今季は開幕2戦目で1号ソロと好スタートを決めた前年のセ・リーグ首位打者。3戦目は無安打に終わったが、昨季、球場別の打率.351を誇る本拠地・横浜スタジアムの6連戦で再び浮上しそうだ。

巨人・梶谷隆幸

▼昨季通算(DeNA)
率.323|打433|安140|本19|点53|振85
▼最近5試合(オープン戦+公式戦)
率.125|打16|安2|本1|点5|振5

巨人移籍後初の公式戦を古巣・DeNA戦で迎えた梶谷。開幕戦こそ無安打に終わったが、2戦目で移籍後初安打をグランドスラムで決めると、3戦目には8回、1点を追いかける場面で技あり同点タイムリー。3連戦で5打点の活躍を見せた。リードオフマンとしてヒットの量産に注目。

ヤクルト・青木宣親

▼昨季通算
率.317|打357|安113|本18|点51|振51
▼最近5試合(オープン戦+公式戦)
率.375|打16|安6|本0|点2|振0

チームは阪神に3タテを食らったが、自身は3戦連続でマルチヒットを記録。オープン戦後半は無安打が続いたが、開幕にキッチリと照準を合わせてきた印象だ。開幕後の通算打率は3割超。安定味があり、今週も期待できそうだ。

中日・大島洋平

▼昨季通算
率.316|打462|安146|本1|点30|振51
▼最近5試合(オープン戦+公式戦)
率.318|打22|安7|本1|点2|振1

中日のリードオフマンは今季も健在。開幕戦のマルチヒットは、4点ビハインドを逆転する出塁とタイムリーで、2戦目も先制点に絡む2ベースを放った。3戦目にもマルチヒットを記録し、開幕3連戦で計5安打。昨季、打率.289に抑えられた巨人戦で好調をキープできるかがカギ。

ヤクルト・村上宗隆

▼昨季通算
率.307|打424|安130|本28|点86|振115
▼最近5試合(オープン戦+公式戦)
率.263|打19|安5|本1|点5|振7

燕の4番を務める若き主砲は、まだ本調子とまではいかないか。2戦目こそ、今季1号ソロを放ったが、3連戦の安打数はこの1本のみ。チャンスの場面で応えられなかった打席も多く、採点を付けるなら厳しい評価となる。昨季、球場別打率.348と得意の横浜スタジアムで浮上できるか。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします