奥原希望、“東京五輪まで後2年”をシャトルで表現!「どんどん近づいてきていますね」

女子バドミントンの奥原希望選手がインスタグラムを更新し、「東京五輪まで後2年」をシャトルを使って表現。大舞台へ向けた意気込みを示した。

「今日がちょうど2年前!どんどん近づいてきていますね」とコメントを添え、コート上にシャトルで“2”を描くように並べた写真を公開した。

また、東京五輪について「成功させるには選手だけでなく日本国民皆様の力が必要です」と、国民一人ひとりの声援が力になると呼びかけている。

ファンからは、奥原選手のメダル獲得を期待する声などが寄せられていた。

  • 「2年後、最高の笑顔が見れるようにしっかり応援します」
  • 「期待してます、いちばん輝いてるメダル獲得することを」
  • 「シャトル、そんな使い方する希望さん、お茶目!」

約11ヶ月ぶりに個人戦を制覇

奥原選手は2018年7月に行われたタイ・オープンで見事に優勝。

個人戦での優勝は、2017年に開催された世界選手権以来で約11ヶ月ぶりとなった。

. やりました!3週間の最後をいい締めくくり出来て良かったです。でも今大会は世界トッププレイヤーが全員参加していなかったので、優勝は嬉しいですが満足していません。次の世界選手権で世界のトッププレイヤーとやり合うことをとても楽しみにしています。今から帰るので体と心をリセットして世界選手権に向けてまた頑張ります!応援ありがとうございました! . . I did it!! I’m happy but not enough. Because this tournament didn’t have full menbers of Women singles. Next tournament is World Championships 2018 in Nanjing. Last year I won. I’m a defending champion. But I don’t think so. I’m a challenger. I’ll try the Worlds. . #thailandopen2018 #badminton #nozomiokuhara #champion

okuharanozomiさん(@okuharanozomi)がシェアした投稿 –

しかし、同大会には世界のトッププレーヤーが全員参加していなかったことから、「優勝は嬉しいですが満足していません」と更なる向上心を示した奥原選手。

今後も世界のトッププレーヤー達と切磋琢磨することで、さらに進化した姿を見せてくれそうだ。

≪関連記事≫

瀬戸大也、馬淵優佳、奥原希望らアスリートの「94年会」…豪華メンバーにファンも驚き

奥原希望、後輩・東野有紗と分厚い牛タンでパワーチャージ

潮田玲子、「サッカー選手の妻」として番組に出演…鈴木啓太の妻・畑野ひろ子とも共演

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします