【MLB】大谷翔平、ロッキーズ戦に「2番投手」スタメン 今季8勝のマルケスと“リアル二刀流”で勝負

大谷翔平 (C)Getty Images

ロサンゼルスエンゼルス大谷翔平は26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのロッキーズ戦に「2番投手」でスタメン出場する。

大谷は前日のツインズ戦で5試合ぶりとなる35号本塁打を放つなど3打数2安打1打点1得点と活躍。本塁打王争いで2位のゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)に再び3本差をつけた。また、本塁打後の打席で申告敬遠をされるも直後に盗塁を決め、シーズン自己最多の13盗塁をマークし足でもファンを魅了。チームは6-2で勝利し、勝率を5割に戻した。

【速報】大谷翔平、初回から二刀流の本領発揮 バットを折りながらも先制打&すかさず盗塁

■強敵相手にリベンジの5勝目なるか

ロッキーズ先発のヘルマン・マルケスは2年連続でチームの開幕投手を任され、今年の球宴にも選出された26歳の右腕。

ローテーションの主軸であり今季は20試合に登板し8勝7敗、防御率3.50。直近7試合では4勝2敗、防御率2.87と調子を上げており、6月29日(同30日)のパイレーツ戦では本拠地クアーズ・フィールドで92球の完封勝利。9回にヒットを打たれ、ノーヒットノーラン達成とはならなかったものの、100球未満でのクアーズ・フィールド完封は史上2度目の快挙であった。

平均球速152キロの速球を中心に、137キロ前後のスライダーと緩急を付けたカーブで打者を揺さぶる投球を見せる。

大谷は昨年対戦し、3打数0安打に倒れている。2試合連続となる36号本塁打で昨年よりも大きく成長した姿を見せられるか。

◆復活35号の大谷翔平、今季のエンゼルス最終戦に敵将「オオタニとの対戦が終わってよかった」

◆大谷翔平、ノーヒットノーラン寸前の試合で二塁打2本の活躍 米メディア「スランプから抜け出した」

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

試合情報

エンゼルス-ロッキーズ
試合開始:日本時間7月27日(火)10:38
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします