「なんて体験だ!」ティモシー・ラファエレ、NZ戦で元チームメイトとの再会を喜ぶ

ラグビー日本代表のティモシー・ラファエレ選手が11月3日、インスタグラムを更新。

11月3日に行われたラグビー日本代表vsニュージーランド代表の試合で、かつて同じチームに所属し共にプレーしたリッチー・モウンガ選手とピッチ上で再会したことをファンに報告している。


「What an experience!(なんて体験だ!)」とかつての同僚との出会いを喜ぶティモシー選手。試合ではトライを獲得する活躍をしたティモシー選手の投稿には、ファンからねぎらいのコメントが寄せられている。

  • ティム、ナイストライ!!
  • いい写真だあ
  • りっちー、彼しってるよ!クライストチャーチで一緒に練習してた!
  • 2人とも最高だった
  • 地球最強チームにナイストライでしたね(๑˃̵ᴗ˂̵)

リッチー選手が投稿した写真で見せているハングルース(親指と小指を立てるポーズ)。2人が揃ってこのポーズを決めている姿を見ると、感慨深いものがある。

ティモシー・ラファエレとリッチー・モウンガはかつて同チームに所属

ティモシー選手は2015年にニュージーランドに短期留学。その際に所属していた「Linwood Rugby Club(リンウッド・ラグビークラブ)」にはリッチー選手も所属しており、2人はいわば「同じ釜の飯を食う」仲だった。

さらに、実は2人にはリンウッド・ラグビークラブのあるニュージーランドのクライストチャーチ出身という共通点もある。

 

View this post on Instagram

 

Good weekend with the Linwood brothers 👌🏽

Tim Lafaele ティモシー ラファエレさん(@timlafaele)がシェアした投稿 –

リンウッド・ラグビークラブ時代のチームメイトたち。紺と緑のチェック柄のジャケットを着ているのがティモシー選手だ。

 

リンウッド・ラグビークラブ時代のチームメイトたち。下手側2番目の選手が当時のリッチー選手。

リンウッド・ラグビークラブ所属から3年が経ち、同じ緑と黒のユニフォームを着ていた2人は今、それぞれ赤・白のジャージと漆黒のジャージと異なる色を着用している。

しかし、ハングルースだけは当時の投稿から変わっておらず、リンウッド・ラグビークラブの仲間の絆を感じることができる。

来年のラグビーワールドカップは日本が開催地。日本とニュージーランドはそれぞれ別のグループで予選を戦うことになる。

世界最強のニュージーランドは間違いなくグループを勝ち抜いてくるだろう。2人のBULLS BABYがW杯という最高の舞台で再会できるかどうかは、ティモシー選手を含めた日本代表の活躍にかかっている。

≪関連記事≫

稲垣啓太、オールブラックス戦終了後に思いを吐露「悔しすぎる」

福岡堅樹、NZ代表選手と笑顔の2ショット ラグビーに伝わる「ノーサイド」の精神とは

ラグビー日本代表・稲垣啓太から伝わる”熱い”想い「合宿を生き抜いた気合と皆さんの応援で」

ラグビー日本代表レメキ・ロマノが「カニのポーズ」を披露!仲間との微笑ましいオフショット

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします