鹿島のMF三竿健斗は日本代表のボランチ!兄・三竿雄斗との関係性も紹介

鹿島アントラーズのMF三竿健斗選手は、チームを代表する人気選手だ。2018年のロシアW杯日本代表のメンバーにも選ばれたが、本大会に挑む23人には惜しくも漏れている。

(c) Getty Images

健斗選手は小学生のころから東京ヴェルディの下部組織に所属。2015年から東京ヴェルディのトップチームに昇格し、2016年から鹿島アントラーズに移籍している。

プロ入り後はボランチの出場が多かった健斗選手だが、鹿島移籍後はセンターバックとしてピッチに立つ場面も増えた。実の兄で同じ鹿島に所属する三竿雄斗選手とも一緒に語られる事が多い健斗選手がどんな人なのか解説しよう。

パワー型の大型ボランチ

(c) Getty Images

健斗選手は身長181㎝の大型ボランチで、体幹の強さから高さと球際で勝負できるパワー型の選手だ。守備でも激しさを前面に出し、攻撃に繋げる縦パスを前線に供給している。

三竿雄斗は実の兄

写真下手が健斗選手。上手が雄斗選手。(c) Getty Images

健斗選手の兄、雄斗選手も鹿島アントラーズに所属するサッカー選手である。

湘南時代の雄斗選手(c) Getty Images

雄斗選手も、健斗選手と同じく東京ヴェルディのユース出身。早稲田大学を経て湘南ベルマーレに入団し、2016年から鹿島アントラーズに入団した。

なお、健斗選手は1996年の4月16日生まれ。雄斗選手は1991年の4月16日生まれだ。誕生日が一緒なので、2人の間にはちょうど5歳の差がある。

カナダで幼少期を過ごした帰国子女?

雄斗選手は過去に「父親の仕事のため、5歳から10歳までカナダのトロントで生活していた」とコメントしている。

健斗選手がカナダでの生活を公に語ったことは無いが、雄斗選手と一緒に幼少期を海外で過ごしていると考えられる。おそらく健斗選手と雄斗選手は帰国子女といえるだろう。

兄弟で名前を間違えられることについてツイートしたことも

健斗選手は、2018年に、自身のツイッターで兄弟についてコメント。

雄斗選手と名前を間違えられることが多いらしく、思わず愚痴ってしまったようだ。

ツイートの最後には「間違えられないように」と活躍を誓った健斗選手。兄弟ともども活躍を見せてくれることを期待したい。

≪関連記事≫

クォン・スンテってどんな人?3度アジアチャンピオンになったGKの経歴や人柄

安西幸輝は鹿島アントラーズのDF!ユーティリティプレイヤーとして活躍するムードメーカー

昌子源、今冬海外クラブへ移籍か?過去には5億円の移籍金を提示されるも海外移籍は成立せず

鹿島・レアンドロは元ブラジル代表のFW!怪我からの復帰で復活に期待

昌子源とクラブW杯…レアル・マドリードとの再戦前に見せた修正力

鈴木優磨の兄・鈴木翔大はソニー仙台FC所属のサッカー選手!いつか兄弟対決が見られることに期待

怪我で日本代表入りを逃す鈴木優磨…森保監督の高い評価もあり、次回招集で日本代表デビューに期待!

鈴木優磨の海外移籍はあるのか?ポルティモネンセなど複数クラブがオファーの噂

安西幸輝は2018年に東京ヴェルディから鹿島アントラーズへ移籍!憧れの内田篤人とのポジション争いに挑む

内田篤人、右膝の怪我から復帰までの1年9か月…回避した手術と強行出場したブラジルW杯

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします