【セントウルS/データ攻略】単勝10倍超え想定に「4.0.1.0」 自信マンマンで“勝ち切るゾーン”における穴馬

 

【セントウルS/データ攻略】単勝10倍超え想定に「4.0.1.0」 自信マンマンで“勝ち切るゾーン”における穴馬

今週は阪神競馬場でセントウルS(芝1200m)が行われる。近年は中京開催が続いたが、今年は例年通りの阪神開催。秋のGI戦線開幕を告げるスプリンターズSの前哨戦としても注目が集まる一戦だ。

ここでは、阪神開催の2010-2019年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析。「穴馬データ」としてエイシンスポッターを取り上げる。

◆【セントウルステークス2023予想/データ攻略】想定8人気以下も「普通に買える」穴馬 “異次元の3走前”を忘れるべからず

■今回の条件では5戦4勝

2度目の重賞挑戦となった前走CBC賞は6着。極端な追込馬ゆえ展開・馬場に左右されてしまうタイプだが、今回はコース替わりが追い風となりそうだ。

・右回りの芝1200m成績【4.0.1.0】

この条件では5戦4勝。右回りの芝1200mではまったく大崩れがないのだ。

特に強調すべきは2走前の鞍馬S。道中は16番手と絶望的な位置だったが、馬群を捌いて抜け出せる器用なところを披露した。開幕週の阪神芝を考えると、大外一気の選択はあまり現実的ではない。馬群を縫うように進出できるこの馬の持ち味が当舞台で活きると想定すれば“勝ち切るゾーン”にいても何ら不思議ではないだろう。

セントウルステークス2023 予想コラム一覧

騎手データ

◆【騎手データ】ジャングロ・武豊J、アグリ・横山典Jより……「人気<着順」のジョッキーに熱視線

Advertisement


追い切り診断

◆【追い切り診断】アグリを上回る「S」の最高評価 「最終追いの動きはさすがの迫力」

◆【追い切り診断】辛口評価「B」は巻き返し狙う人気馬 「本当に良くなってくるのは次か……」

◆【追い切り診断】ピクシーナイトを上回る「A」の高評価 「前哨戦仕上げも状態は◎」

◆【追い切り診断】ビッグシーザーに迫る高評価「A」の刺客 「仕上げの差で逆転可能」

データ攻略

◆【データ攻略】人気一角に「勝率100%」の追い風 “買い”一択の数値出現でGIへ

◆【データ攻略】穴党お手上げの“鉄板級”データ 「1.2.0.0」該当で軸馬にピッタリ

◆【データ攻略】想定8人気以下も「普通に買える」穴馬 “異次元の3走前”を忘れるべからず

Advertisement


穴馬予想

◆【穴馬ライズ】単勝オッズ“2桁”想定の妙味 「好配当の使者になる資格十分」

◆【穴馬ライズ】想定“10人気”前後の爆穴 「ここまで一気の人気落ちなら……」

◆【穴馬ライズ】前日“6人気”前後の盲点 「期待値“爆上がり”で黙って買い」

◆【WIN5予想】メインは人気一角を消した厳選2頭 京成杯は想定オッズ“2桁”含め高配当狙い

◆【危険な人気馬】新スプリント王を狙う新興勢力は“消し” 「夏休養のローテが仇となる」

血統傾向

◆【血統予想】単回収値100超+馬券内率50.0%条件 「人気と伏兵の2頭は買い」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。