藤井瑞希が立て看板と2ショット、ロンドン五輪銀は「地元の誇り」

元女子バドミントン選手の藤井瑞希さんが5月15日にインスタグラムを更新した。藤井さんは出身地の熊本県葦北郡芦北町を訪れたようで、2012年のロンドン五輪で女子ダブルス銀メダルを獲得した記念の立て看板と一緒に写真を撮っている。

「メダリストのふるさと。芦北町湯浦中の誇りです」と書かれた看板を指さし、藤井さんも嬉しそうな笑顔だ。

今回の帰郷は熊本放送で放送される番組のロケも兼ねていたようで、藤井さんは「初めてだから、本当に戸惑いしかなかったですが、スタッフの皆さんが優しく助けてもらいました」と当日の感想を綴っている。

故郷での初ロケを終えた藤井さんにファンからは「すごいの立ってますね」「凄い看板」「日本の誇りです!!」「週刊山崎くん 楽しみにしてますね」などのコメントが寄せられた。

≪関連記事≫

今シーズン限りの引退を発表したフジカキペア…藤井瑞希が心境を告白、ファンからは労いの声

フジカキペア、現役最後の全日本総合選手権前に誓う「2人で1秒でも長くコートに立つ!」

羽生結弦、地元開催のツール・ド・東北へ5年連続のメッセージ「今年も力を合わせて」

熊本地震から2年…ジェフ千葉・清武功暉が熊本へメッセージ「サッカーで勇気と元気を与えられるように」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします