東野有紗・渡辺勇大ペア『東京VICTORY』に出演 中学時代の先輩・後輩がペアを組んだ理由についても語る

3月21日放送の『東京VICTORY』にバドミントンの東野有紗選手、渡辺勇大選手が出演する。

2人は同じ中学出身当時からペアを組んできた仲。2018年には100年以上の歴史と格式を誇る全英オープンで、日本人として初混合ダブルス金メダルを獲得した。

スタジオでは北海道出身の東野選手と東京出身の渡辺選手がペアを組むことになった理由、男女がペアを組む混合ダブルスの魅力について語る。

放送は3月21日(土) 7時~ TBS

楽屋トークでは2人の意外な呼び方も判明

番組公式ツイッターでは放送に先駆け楽屋トークを動画で公開。収録が終わってホッとした表情の東野選手、渡辺選手に山形純菜アナウンサーがインタビューした。

収録の感想は東野選手、渡辺選手ともに「すごく緊張しました」とのこと。それでも収録は楽しかったようで終始笑顔だ。

中学の先輩後輩でもある2人。普段の呼び方を聞かれると先輩の東野選手は勇大くん、後輩の渡辺選手は「基本的には東野先輩なんですけど、2人で会話するときはヒガッシーと呼ばせてもらってます」と意外な呼び方を明かした。

放送概要

次回のゲストは、100年以上の歴史と格式誇る全英オープンで日本勢初の優勝!!

東京五輪で金メダルが期待されている、バドミントン混合ダブルスの東野有紗選手・渡辺勇大選手ペアです。

何と二人は中学時代からペアを組んでいます。北海道出身の東野選手と東京出身の渡辺選手がペアを組むことになった理由とは?

そして、混合ダブルスの魅力についても語っていただきました!

引用:https://www.tbs.co.jp/sports/tokyovictory/

≪関連記事≫

全英優勝のフクヒロ、ウイニングシャトルを賭けて「あっち向いてほい」

遠藤大由 渡辺勇大ペアが全英オープン優勝 「言葉にできないくらい幸せ」

福島由紀 廣田彩花ペアが全英オープン優勝 「2人で1つずつ乗り越え優勝できて嬉しい」

奥原希望、陳雨菲に敗れるも「手応え」 コロナによる延期には「自分が出来ることを全う」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします