【秋華賞/追い切りジャッジ】アンドヴァラナウトに辛口「B」評価 状態キープも「初経験となるGIの流れへ対応するには……」

■アンドヴァラナウト

【中間調整】1勝クラス勝利後、中6週で前走・ローズSに出走。格上挑戦かつ初経験となるコーナー4回の競馬だったが、好位後方でしっかり折り合って進むと、外へ出された直線ではいい反応を見せて抜け出し勝利を収めた。いかにも良血馬(祖母エアグルーヴ)らしい、センスあふれる走りだった。その後は予定通り、ラスト1冠獲りへ在厩で調整。しばらくは疲労を抜くことに専念し、6日の坂路追いが中間の初時計。やや行きたがる面を見せたが、鞍上になだめられるとすんなり落ち着き、4F52秒8(馬なり)と上々の時計でまとめた。

◆【秋華賞2021予想/追い切りジャッジ】有力馬に「A」の高評価 大幅上積みに疑問も「心身ともになんの不安もない」

【最終追い切り】坂路単走。全体時計は控え目に、終いの反応だけを見る内容だった。馬場がやや混み合っていた時間帯だったものの、リズムを乱さず自身の走りに集中。機敏に手前を替え、溜めた脚を軽快に伸ばせていた。

【見解】稽古でもセンスの高い動きで、鞍上の指示にスッと応えられるのがいい。ただし馬体面、疲れを考慮してか中間は2本のみ、いずれもそこまで追い込まない攻めに留まっているあたりは気になるところ。この馬なりのいい状態は維持できているが、初経験となるGIの流れへ対応するには、若干心もとない感もある。

総合評価「B」

◆【秋華賞2021予想/追い切りジャッジ】ソダシに最高評価「S」 人馬の絆を深めた盤石の態勢で「GI3勝目へ」

◆【秋華賞2021予想/追い切りジャッジ】短期放牧でリフレッシュ効果あり 「言うことなしのデキ」の伏兵馬に「A」評価

秋華賞2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆ソダシに襲い掛かるクロフネ産駒の罠 注目は「出世の法則」をクリアしたあの馬

◆馬場悪化で浮上する伏兵、「単・複回収率100%超え」で波乱を巻き起こす

▼穴馬予想
◆前売り10番人気以下の伏兵 “買い”要素満載のオークス未出走組

◆ユーバーレーベンは「消し」評価、オークス惨敗から巻き返しを狙う“惑星”

▼危険な人気馬
◆馬券攻略のポイントはソダシの“前傾ラップ” 牝馬ラスト一冠で「買うべきではない」1頭とは

▼その他、データ傾向
◆【騎手データ】阪神芝2000m重賞で高い馬券内率を誇る福永祐一、条件合致で“鉄板”100%に上昇

◆【枠順】ソダシは過去10年で2勝を挙げている2枠へ 注目は連対率22.7%を誇る「7枠」

◆【人気傾向】上位人気想定ソダシに不安要素なし 1・3番人気は過去10年で4勝と好調

◆【脚質傾向】阪神開催はソダシに“追い風” 差し・追込が苦戦のコースで上位人気に警鐘

◆【前走ローテ】ソダシに勝率0%の試練 ブエナビスタも屈した前走・札幌記念組「0-1-3-11」データ

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします