【秋華賞/穴馬アナライズ】前売り10番人気以下の伏兵 “買い”要素満載のオークス未出走組

前編」ではソダシのほかに潜むオークス惨敗馬の巻き返しの可能性について触れたが、ここではオークス未出走組、いわゆる「夏の上がり馬」から穴馬3頭を紹介する。

◆【秋華賞2021予想/穴馬アナライズ・前編】ユーバーレーベンは「消し」評価、オークス惨敗から巻き返しを狙う“惑星”

■アナザーリリック

春にアネモネ賞を制し、桜花賞の有力馬の1頭に数えられていたアナザーリリック。しかし牝馬クラシック初戦には向かわず、駒を進めたのは牡馬混合のNHKマイルCだった。これが自身初の一線級との対戦、そして高速決着となったが、3着グレナディアガーズからコンマ3秒差の7着に善戦。キャリア3戦の粗削りな身であったことを踏まえれば、ポテンシャルの高さを示すとともに、秋の飛躍を期待させるには十分な内容だった。

3カ月の休養を挟み、復帰戦に選んだのは古馬3勝クラスの佐渡S。後方からレースを進めたアナザーリリックは、大外から鋭い脚で先団を飲み込み、2馬身半差で余裕の勝利を飾っている。馬体が絞れたことに加え、距離延長もよかったか。この走りが本番でもできれば、同世代なら勝ち負け争いに加われると見た。

また、前出のアネモネ賞は重馬場での開催だっただけに、馬場が渋っても問題ないクチ。ただ関西圏への遠征は初なので、当日の気配はチェックしておきたいところだ。

■サルファーコスモス

サルファーコスモスも激走の可能性を秘めている。骨折休養明けだった前走の納屋橋Sでは、2番手からレースを進めたものの、逃げたフォルコメンを交わしきれず2着に惜敗。敗れはしたが、大きなブランクがありながらも、いきなり古馬3勝クラスにメドを立てた内容は評価していいだろう。さらに道中は行きたがる面を見せていただけに、一度叩いたことでガス抜きができたのも前進を予感させる。

これまでマイル戦までしか経験がないが、シフトアップがうまいタイプではないので、徐々にギアを上げていける距離延長は歓迎。また血統的に見ても2000mまでは十分守備範囲だろう。全国リーディング2位の川田騎手をこの人気で買えるのもいい。

■ミスフィガロ

今年の出走メンバーの中で、一番の「夏の上がり馬」と言えばミスフィガロだろう。初勝利までに5戦を要し、5月の未勝利戦で待望の勝ち星をマークすると、次走8月の1勝クラスで連勝を飾った。敷居が高そうに見えた前走・トライアルの紫苑Sでは、後方から鋭く迫り、ファインルージュとスルーセブンシーズに次ぐ3着に好走。秋華賞の切符を掴んでいる。

一介の未勝利馬がわずか4カ月でGIの舞台に駒を進めたわけだが、飛躍の要因はこれまで小柄だった馬体がパワーアップしたことに尽きるだろう。初勝利から前走までの間に16キロも増えており、持て余していたエンジンの性能を使い切れるようになってきた。決め手は世代上位のものを持っているだけに、ハマれば前走の再現の可能性は十分。

◆【秋華賞2021予想/穴馬アナライズ・前編】ユーバーレーベンは「消し」評価、オークス惨敗から巻き返しを狙う“惑星”

秋華賞2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆ソダシに襲い掛かるクロフネ産駒の罠 注目は「出世の法則」をクリアしたあの馬

◆馬場悪化で浮上する伏兵、「単・複回収率100%超え」で波乱を巻き起こす

◆阪神芝2000m重賞で高い馬券内率を誇る福永祐一、条件合致で“鉄板”100%に上昇

▼追い切り予想
◆有力馬に「A」の高評価 大幅上積みに疑問も「心身ともになんの不安もない」

◆短期放牧でリフレッシュ効果あり 「言うことなしのデキ」の伏兵馬に「A」評価

◆アンドヴァラナウトに辛口「B」評価 状態キープも「初経験となるGIの流れへ対応するには……」

◆ソダシに最高評価「S」 人馬の絆を深めた盤石の態勢で「GI3勝目へ」

▼危険な人気馬
◆馬券攻略のポイントはソダシの“前傾ラップ” 牝馬ラスト一冠で「買うべきではない」1頭とは

▼その他、データ傾向
◆【枠順】ソダシは過去10年で2勝を挙げている2枠へ 注目は連対率22.7%を誇る「7枠」

◆【人気傾向】上位人気想定ソダシに不安要素なし 1・3番人気は過去10年で4勝と好調

◆【脚質傾向】阪神開催はソダシに“追い風” 差し・追込が苦戦のコースで上位人気に警鐘

◆【前走ローテ】ソダシに勝率0%の試練 ブエナビスタも屈した前走・札幌記念組「0-1-3-11」データ

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ー秋華賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします