【菊花賞/データ攻略】阪神芝内回り開催がプラスに働く穴馬、父の得意舞台で波乱を巻き起こせるか

前編ではオーソクレースレッドジェネシスの明と暗について取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【菊花賞2021予想/データ攻略・前編】オーソクレースに鬼門データ 狙いは馬券内率80%を誇る関西の“刺客”

【菊花賞/データ攻略】オーソクレースに鬼門データ 狙いは馬券内率80%を誇る関西の“刺客”

■データが導く2021菊花賞の穴馬候補は

<穴候補1 ヴェローチェオロ>

春はあと一歩の競馬が続いていたが、秋初戦の三田特別を制してクラシック最終戦に臨むヴェローチェオロ。GI戦線を戦い抜いた馬との比較で見劣りする感は否めないが、ここは阪神芝内回り開催の菊花賞がプラスに働きそうだ。

・芝内回りコースの成績【2-0-1-1】

唯一馬券外に敗れた札幌2歳Sの上位3頭はソダシ、ユーバーレーベン、バスラットレオン。のちの重賞ウィナー相手に5着なら評価は下がらない。父ゴールドシップが3連覇をはたした阪神芝3000mが舞台の今年、穴馬としての資格は十分だ。

<穴候補2 タイトルホルダー>

ダービー、セントライト記念と掲示板外に敗れたことで評価を落としている印象のタイトルホルダー。この馬もまた、データ面での上積みが大きい1頭だ。

・馬番5番以内時の成績【2-1-0-0】

ヒントは前走にある。馬番7番で道中は馬群に入れたが、包まれる形となり進路を確保できずじまい。「何としてでも馬群に入れて内ラチに近い場所をとる必要があった」と解釈したとき、出たなりで内ラチ沿いを進める馬番3番は願ってもない条件。逃げ馬が数頭いる組み合わせからタテ長の展開も考えられ、単騎追走で直線スムーズなら枠の利を活かせそうだ。

◆【菊花賞2021予想/データ攻略・前編】オーソクレースに鬼門データ 狙いは馬券内率80%を誇る関西の“刺客”

【菊花賞/データ攻略】オーソクレースに鬼門データ 狙いは馬券内率80%を誇る関西の“刺客”

菊花賞2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】ステラヴェローチェを上回る「S」評価 「勝ち負けを意識できる」

◆【A評価】厩舎流の「長距離馬仕上げ」で菊制覇へ 前走好走馬に「A」評価

◆【A評価】「A」評価は前走快勝の伏兵馬 「大仕事の可能性は十分にある」

◆【B評価】ステラヴェローチェに辛口「B」評価 併せ遅れで「精神面に波がある」

▼データ予想
◆【騎手データ】阪神芝3000mの条件で浮上 “爆穴”の可能性を秘めた「騎手×関西馬」の組み合わせ

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・前編】ステラヴェローチェは「△」評価 過去10年で13頭が好走した“買い”条件

◆【穴馬アナライズ・後編】単勝30倍前後の“盲点” 狙いは「春クラシック未出走組」

◆【危険な人気馬】神戸新聞杯組の取捨がポイント 最後の一冠で「買うべきではない」1頭とは

▼その他データ傾向
◆【枠順傾向】ステラヴェローチェの7枠は阪神開催でマイナス材料 注目は最多4勝の「8枠」

◆【脚質傾向】阪神開催はステラヴェローチェにとって不安材料 先行で惨敗の伏兵馬を狙え

◆【前走ローテ】前走・神戸新聞杯組を素直に信頼も、別路線組に勝率100%データ

◆【人気傾向】圧倒的人気馬は好成績も、オッズ混戦なら“大波乱”の様相

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「菊花賞」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします