【天皇賞・秋/データ攻略】3強の牙城を崩す伏兵馬、「5-0-0-0」の追い風が波乱を巻き起こすか

前編ではコントレイルエフフォーリアグランアレグリアの明と暗について取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【天皇賞秋2021予想/データ攻略・前編】コントレイルに不安データ 注目は「馬券内率100%」が示すあの馬

【天皇賞・秋/データ攻略】コントレイルに不安データ 注目は「馬券内率100%」が示すあの馬

■データが導く2021天皇賞秋の穴馬候補は

<穴候補1 ポタジェ>

休み明けの前走毎日王冠は3着。すでにGIを制した馬が何頭も出走する今年のメンバー相手ではさすがに……と思われるかもしれないが、追い風となるデータがこちら。

・川田将雅騎乗時の成績【5-0-0-0】

この馬自身、東京芝2000mは今年1月に白富士S勝利実績あり。この距離の持ち時計1分57秒8も優秀な部類と言えよう。3強に割って入るだけのポテンシャルを秘めた1頭だ。

<穴候補2 カレンブーケドール>

GI2着3回、3着1回。いとおしさすら感じさせる善戦ウーマンもまた、穴妙味を漂わせている。

・9-11月の秋競馬成績【0-4-2-1】

唯一馬券圏外に敗れたレースは昨年のジャパンカップ。各世代の三冠馬が覇を競った「伝説の一戦」での4着なら評価は下がらないだろう。7枠14番は歓迎とは言えないが、季節適性の高さは見逃せない。

◆【天皇賞秋2021予想/データ攻略・前編】コントレイルに不安データ 注目は「馬券内率100%」が示すあの馬

【天皇賞・秋/データ攻略】コントレイルに不安データ 注目は「馬券内率100%」が示すあの馬

天皇賞秋2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で数値“急上昇”の3騎手に注目 美浦の大ベテランには一発の可能性もあり

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は最高潮の域に達した有力馬 「ここがメイチの仕上げ」

◆【B評価】グランアレグリアは「B」の低評価 最終追いの反応遅れに「唸るような迫力が……」

◆【A評価】グランアレグリアを上回る高評価 「悔しさを晴らす意思が見て取れる」

◆【A評価】推定10人気以下の伏兵に「A」評価、ベスト条件で「目論見通り気配アップ」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ/前編】エフフォーリアは「△」評価 “3強”のうち2頭に不安要素

◆【穴馬アナライズ/後編】3強崩しの“惑星”は単勝万馬券 強調できる「買い」材料

◆【危険な人気馬/前編】3強の一角は“消し” 上がり3F重視の秋天で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬/後編】想定10人気以下の“大穴馬” 前走ゴール後に見せた「秘めたる脚力」

▼その他データ傾向
◆【枠順傾向】3強の一角エフフォーリアが入った3枠は、過去10年で「連対数0回」の“鬼門”

◆【脚質傾向】上がり1~3位馬が「複勝率100%」 府中で末脚崩れないグランアレグリアは不動か

◆【前走ローテ】毎日王冠組は最多勝利も勝率6.1%、データが後押しする別路線組とは

◆【人気傾向】1番人気は素直に信頼も、押さえるべきは単勝回収率「431」の…

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「天皇賞秋」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします