【天皇賞・秋/危険な人気馬-後編】想定10人気以下の“大穴馬” 前走ゴール後に見せた「秘めたる脚力」

「前編」ではコントレイルの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではコントレイルに代わる本命、そして穴馬3頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【天皇賞・秋/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 上がり3F重視の秋天で「買うべきではない」1頭とは

【天皇賞・秋/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 上がり3F重視の秋天で「買うべきではない」1頭とは

■天皇賞・秋はマイラー実績馬を狙え

まずは天皇賞・秋の好走パターンについて分析する。近年は前走・安田記念のローテを歩んできた馬が連対率50%、複勝率50%と好成績を収めているように、近10年で見るとレース以前にマイル重賞で勝利経験がある馬の好走が増えている。

毎日王冠 【3-2-5-39】 勝率6.1%、連対率10.2%、複勝率20.4%
安田記念 【2-2-0-4】 勝率25.0%、連対率50.0%、複勝率50.0%
札幌記念 【2-1-0-13】 勝率12.5%、連対率18.8%、複勝率18.8%
宝塚記念 【1-3-3-16】 勝率4.3%、連対率17.4%、複勝率30.4%

このように前走安田記念のローテを歩んできた馬が連対率50%、複勝率50%と好成績を収めているように、近10年で見るとレース以前にマイル重賞で勝利経験がある馬の好走が増えている。

・2020年(天皇賞・秋)
 1着アーモンドアイ→ヴィクトリアマイル、桜花賞、シンザン記念
 3着クロノジェネシス→クイーンC

・2019年(天皇賞・秋)
 1着アーモンドアイ→桜花賞、シンザン記念
 2着ダノンプレミアム→サウジRC、朝日杯FS、マイラーズC
 3着アエロリット→NHKマイルC

・2018年(天皇賞・秋)
 2着サングレーザー→マイラーズC

・2017年(天皇賞・秋)
 3着レインボーライン→アーリントンC
 
・2016年(天皇賞・秋)
 1着モーリス→チャンピオンズマイル、香港マイル、マイルCS、安田記念、ダービー卿CT
 3着ステファノス→富士S

・2015年(天皇賞・秋)
 2着ステファノス→富士S

・2014年(天皇賞・秋)
 2着ジェンティルドンナ→桜花賞、シンザン記念

天皇賞・秋は、上がり1~3位の末脚を記録した馬が過去10年で「連対率100%」を記録しているようにスピード決着になりやすいレースでもある。ラップタイムやレース展開がマイルレースと酷似していることからもマイラーが好走可能な舞台なのだ。

◆【天皇賞秋2021予想/追い切りジャッジ】グランアレグリアを上回る高評価 「悔しさを晴らす意思が見て取れる」

【天皇賞・秋/追い切りジャッジ】グランアレグリアを上回る高評価 「悔しさを晴らす意思が見て取れる」

■大穴ならマイル実績十分のカイザーミノル

本命は東京競馬場で3戦連続「上がり最速」を記録している、グランアレグリアを指名する。前走はヴィクトリアマイルから中2週のローテが影響したのか、反応が鈍くなり差し遅れて2着に敗れてしまった。それでも上がりは最速の32秒9と相変わらずの鬼脚を持っており、上がり最速馬が過去10年で4勝しているデータも追い風になるだろう。

対抗はエフフォーリア。疑いの余地もない最強3歳世代の中でトップクラスの競馬センスとスピードを兼ね備えている。ダービーではシャフリヤールにハナ差屈したものの、敗因は1枠から進路が狭くなってしまったことが全てであろう。先行脚質から速い上がりも使える万能系で距離短縮も歓迎。アタマまであってもいい。

以下、押さえでポタジェカレンブーケドールカイザーミノルペルシアンナイトとする。

カイザーミノルは前走毎日王冠で低評価に推されるも5着に好走。ゴール入線後も一頭だけ元気良く走っていた様子から2000mへの距離延長も問題ない。またマイラーズCにて1分31秒6の高速決着に対応して3着に好走したことから天皇賞秋でも好走できるとみた。横山典弘騎手の連続騎乗も心強く、人馬ともに波乱の立役者となってほしいところだ。

◆【天皇賞秋2021予想/危険な人気馬・前編】3強の一角は“消し” 上がり3F重視の秋天で「買うべきではない」1頭とは

【天皇賞・秋/危険な人気馬-前編】3強の一角は“消し” 上がり3F重視の秋天で「買うべきではない」1頭とは

天皇賞秋2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で数値“急上昇”の3騎手に注目 美浦の大ベテランには一発の可能性もあり

◆【データ攻略/前編】コントレイルに不安データ 注目は「馬券内率100%」が示すあの馬

◆【データ攻略/後編】3強の牙城を崩す伏兵馬、「5-0-0-0」の追い風が波乱を巻き起こすか

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は最高潮の域に達した有力馬 「ここがメイチの仕上げ」

◆【B評価】グランアレグリアは「B」の低評価 最終追いの反応遅れに「唸るような迫力が……」

◆【A評価】グランアレグリアを上回る高評価 「悔しさを晴らす意思が見て取れる」

◆【A評価】推定10人気以下の伏兵に「A」評価、ベスト条件で「目論見通り気配アップ」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・後編】3強崩しの“惑星”は単勝万馬券 強調できる「買い」材料

◆【穴馬アナライズ・前編】エフフォーリアは「△」評価 “3強”のうち2頭に不安要素

▼その他データ傾向
◆【枠順傾向】3強の一角エフフォーリアが入った3枠は、過去10年で「連対数0回」の“鬼門”

◆【脚質傾向】上がり1~3位馬が「複勝率100%」 府中で末脚崩れないグランアレグリアは不動か

◆【前走ローテ】毎日王冠組は最多勝利も勝率6.1%、データが後押しする別路線組とは

◆【人気傾向】1番人気は素直に信頼も、押さえるべきは単勝回収率「431」の…

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします