【レパードS/追い切り診断】「A」評価は人気一角の有力馬 高値安定状態で「伸び脚自体は力強い」

■ホウオウルーレット

【中間調整】JDDが補欠のまま出走叶わず、次善の策として臨んだ前走・いわき特別で2着に5馬身差の快勝。ハンデ54キロの恩恵があったにせよ、小回り福島で末脚を爆発させコースレコードタイをマークするオマケつきでの勝利は大器の証と言えた。仮に敗北でもレパードSに向かうのは既定路線だったようだが、勝って堂々と重賞獲りに向かってくる。中間は在厩で調整され、7月26日に坂路15-15で体をほぐし、1週前追いにあたる28日のウッド追いで中間初となる速い時計を出した。時計は平凡だったが、馬場の外めを悠然と走れていたのはいい。

◆【レパードステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

【レパードS/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

【最終追い切り】ウッドで準オープン馬を7馬身追走。インへ進路を取った直線ではいったん抜け出しにかかる。そこから手前の変換に手間取ったようでモタついてしまったが、伸び脚自体は力強いものがあった。

【見解】最終追いの見栄えがやや悪く感じるものの、単純に手前チェンジにスムーズさを欠いたもので道中の雰囲気、ゴール前の伸びともに上々の部類。体調面にはまったく不安なしと考えていい。夏場の中2週を高値安定状態で臨めるのはなによりだ。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

【レパードS/追い切り診断】タイセイドレフォンを上回る最高評価「S」 気配上昇で「目下絶好調」

◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】「地力はトップクラス」も気持ちが乗っていない 想定1人気に不満の「B」評価

【レパードS/追い切り診断】「地力はトップクラス」も気持ちが乗っていない 想定1人気に不満の「B」評価

◆【レパードステークス2022予想/追い切り診断】伏兵にホウオウルーレットと並ぶ「A」の高評価 「抜群の集中ぶり」で通用の気配

【レパードS/追い切り診断】伏兵にホウオウルーレットと並ぶ「A」の高評価 「抜群の集中ぶり」で通用の気配

レパードステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気前後”の伏兵 「このメンバーなら地力は上位」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の盲点 「妙味十分で積極的に買い」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「真価を発揮できる舞台」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】スピード能力高い人気馬は“消し”評価 「4角で後退していくケースも」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ホウオウルーレットに「0%」の不安要素 ビックネームに並ぶ有力馬とは

◆【データ攻略-後編】連対率「100%」が強力後押しする“惑星” 波乱の使者の資格は十分

◆【エルムステークス&レパードステークス2022予想/騎手データ】北の大地は大ブレイク中の騎手に熱視線 新潟は「連対率50%」のジョッキーに注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイセイドレフォンは2年連続3着の2枠 人気一角は条件合致で“100%”の好枠に

◆【血統傾向】想定2桁人気の爆穴に条件合致 単回収値「290」に“大幅上昇”

◆【脚質傾向】有力馬に“不安”材料 狙いは単回収値「153」の差し

◆【前走ローテ】中心視はJDD組のハピ 古馬条件戦“圧勝”の3騎も侮れず

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします