【新潟記念/危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

4日、新潟競馬場で第58回・新潟記念(GIII、芝2000m)が行われる。

出走表を見てみると、前走の鳴尾記念で1番人気を裏切ったカイザーバローズを筆頭に、重賞未勝利ながら上位人気に推されそうなヒートオンビートや、前走の七夕賞を勝利したエヒト、ベテランのサンレイポケットや今年の中山金杯で2着に好走したスカーフェイスらが参戦する。

過去10年の3連複平均配当は3万1793円。5番人気以内で決まった2020年のような事例もあるが、基本的に1頭は人気薄が馬券に絡むとみて良さそうだ。

今回、新潟記念の「危険な人気馬」として取り上げるのは、重賞未勝利ながら上位人気に推されそうなヒートオンビートだ。

◆【新潟記念2022予想/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

【新潟記念/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

■GIでも4着の実績があるヒートオンビート

オープン昇級後は休み明けで明らかに太かった昨年秋の京都大賞典を除き、すべてのレースで5着以内という堅実派。GII・日経賞で3着、GIの天皇賞・春で4着と強い相手関係でも崩れないのは強みだ。新潟コース自体は初めてだが、左回りは3戦して3着を外しておらず安定感抜群。このあたりで重賞初制覇といきたいところだろう。

しかし、今回不安材料が2点ある。それは、「善戦マンの脆さ」と「同型の存在」だ。

まずは「善戦マンの脆さ」について述べる。この馬の成績が物語っているように、これだけの実績を残しながらもいまだ重賞は未勝利。これまでの重賞成績を見てみると、

・ヒートオンビート OP入り後成績
└GII:目黒記念(2着)→勝ち馬ウインキートス
└GII:京都大賞典(8着)→勝ち馬マカヒキ
└GIII:チャレンジC(2着)→勝ち馬ソーヴァリアント
└GIII:中山金杯(3着)→勝ち馬レッドガラン
└GII:日経賞(3着)→勝ち馬タイトルホルダー
└GI:天皇賞・春(4着)→勝ち馬タイトルホルダー
└GIII:七夕賞(2着)→勝ち馬エヒト

このように、GII以上の重賞を見ると強敵相手でも善戦して走っているが、GIIIの勝ち馬であるソーヴァリアント、レッドガラン、エヒトはGIでも掲示板に載ることができない馬らに敗戦している。これは善戦マン特有の「前の馬を抜かそうとしない」の他に、これらのコースは最後の直線が短いため実力通りの結果が出にくいということも影響しているのだろう。そのため、今回の舞台である新潟芝2000mは最後が長い直線であるため、実力勝負になりやすいことを考えると、勝利できるかとなると話が変わってくることになりそうだ。

さらに、今回のメンバーを見渡すと、前走で敗戦を喫したエヒトやどのようなコースでも速い上がりを出せるディアマンミノルやスカーフェイス、サンレイポケットなどが出走してくるため、マークは当然の事、馬自信が負けてしまう展開に巻き込まれるケースも大いに考えられる。

◆【新潟記念2022予想/追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

【新潟記念/追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

つぎに「同型の存在」について説明したい。前走の七夕賞では中団の後ろを促しつつ。途中からは追走も楽になったが、向正面から3角では包まれて動くに動けない形になってしまい、4角手前からようやく仕掛けて、アンティシペイトをきっちり掴まえたあたり、地力のあるところは十分に示せたが、小回りコースにはまだ課題が残る印象が残ってしまったが、やはりここに入っても中団からの差し脚は上位と思わせるような内容だった。

しかし、今回は「中団~後方からの差し」を武器としている古馬が集結している。ヒートオンビートと似た脚質を持っているのは、前述でも述べたどのようなコースでも速い上がりを出せるディアマンミノルやスカーフェイス、サンレイポケットなどが該当する。

今年の新潟開催の芝2000mの成績を見てみると、上がり最速馬が【4.1.1.1】と連対率85%超をマークしており、最も速い上がりを使えた馬が台頭している馬場となっている。しかし、同馬は上記3頭と比べても末脚の切れ味では劣ってしまう点は否めない。だからこそ、格落ちしてスローペースになりやすいここでは凡走してしまう可能性も十分あるというわけだ。

以上の不安点から、ここは馬券的な妙味も考え、人気一角のヒートオンビートを「消し」とする。今年のメンバー構成と道中のペースをイメージすれば、サンレイポケットを中心に、ディアマンミノルスカーフェイスカイザーバローズイクスプロージョンら、ある程度のポジションから競馬ができ、ハイペースでも瞬時に反応ができる馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

【新潟記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

【新潟記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

【新潟記念/穴ライズ】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

新潟記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

◆【追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

◆【追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

◆【追い切り診断】好走続く人気一角に「A」評価 「馬自身成長を実感している」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

◆【データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

◆【騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

◆【血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

◆【脚質傾向】差しが最多5勝はコースの特徴 注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

◆【動画プレーバック/新潟記念2021】外ラチ沿いから前走14着の穴馬マイネルファンロンが差し切り重賞初制覇

文●西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします