Advertisement

【MLB】「制球重視で好投」メッツ藤浪晋太郎、初登板“10球斬り”はフォーシームなしか 現地実況「ナイスピッチ」

 

【MLB】「制球重視で好投」メッツ藤浪晋太郎、初登板“10球斬り”はフォーシームなしか 現地実況「ナイスピッチ」
メッツの藤浪晋太郎(C)Getty Images

メッツへ移籍した藤浪晋太郎投手が7日(日本時間8日)、フロリダ州ポートセントルーシーで行われたナショナルズ戦にオープン戦初登板。1回を無安打無失点に抑え、上々のデビューを飾った。

◆【実際の動画】「少しゆったりフォームに?」藤浪晋太郎、スプリット中心で見事な好投!オープン戦初登板

■フォーシームは投げていたようだが……

藤浪は2点リードの7回裏に5番手で登板。最初の打者カーター・キーブーム内野手をスプリットで遊撃ゴロに仕留めると、続くドリュー・ミラス捕手を左飛に。最後はジェイコブ・ヤング外野手を二塁ゴロに打ち取って、メッツ移籍後初めてのオープン戦登板を無安打無失点で締めくくった。

藤浪は試合後に現地メディアの取材に応じると、「とりあえず、無事に終えることが出来てホッとしています。球速はいつでも全然上がりますね、もっと腕振れば出たでしょうけど、今日求めてるところはそこじゃなかったので」と、冷静に登板を振り返った。

この試合、MLB公式「Baseball Savant」のデータではスプリット8球にカットボール、スイーパーがそれぞれ1球ずつ。フォーシームなしと思われたが、本人によると投げていたとのこと。制球重視で最速94.6マイル(約152.2キロ)に留まったが、それでも力強い投球で打者をねじ伏せ、現地実況も「ナイスピッチ」と賛辞を惜しまなかった。

昨季メジャーデビューした藤浪は、先発で結果が出ずリリーフへ。7月のトレード期限で東地区の強豪オリオールズに移籍すると、30試合に登板し2勝0敗2セーブ、防御率4.85と徐々に適応を見せていた。新天地メッツでの初登板は、以前よりもややゆったりとしたフォームから変化球主体で好投。飛躍の1年となるだろうか。

◆【実際の動画】「少しゆったりフォームに?」藤浪晋太郎、スプリット中心で見事な好投!オープン戦初登板

◆藤浪晋太郎はリリーフをやるべき 公式データが示す“100マイル超え”のフォーシーム「136球」

◆「これは倍速?」“足”でも魅せた大谷翔平、フリーマンが舞台裏を明かす「得点圏に入ってくれたら……」

Advertisement


(H.Ariga/SPREAD編集部)