田中将大、高校野球総選挙の結果に「5位に選ばれましたね僕…笑」ー歴史に残る早実・斎藤佑樹との延長再試合

2018年で100回目を迎えた全国高校野球選手権大会では、これまでに幾多の名勝負が繰り広げられ、忘れられないヒーローも生まれてきた。

記念大会を前に過去の名選手たちを思い出し、高校野球を語る番組『ファン10万人がガチで投票! 高校野球総選挙!』が8月5日にテレ朝系で放送され、野球解説者や高校野球好きのタレントがトークに花を咲かせた。

ファン投票で選ばれた記憶に残る選手では5打席連続敬遠の松井秀喜(星稜)が1位となり、2位には平成の怪物と呼ばれた松坂大輔(横浜)、3位は“元祖怪物”江川卓(作新)、4位は高校生離れした打撃で「甲子園は清原のためにあるのか」の名実況も飛び出した清原和博(PL学園)、5位は決勝戦での引き分け再試合が思い出される田中将大(駒大苫小牧)らが選出されている。

現在は米国のニューヨーク・ヤンキースでプレーする田中選手だが、ツイッターで「そういえば高校野球総選挙で5位に選ばれましたね僕…笑」と投票結果に言及し、「数多く居る選手の中から、こんな風に選んでいただけるなんて思ってもいませんでした」と喜んだ。

「当時のチームメイト、スタッフ、そして応援してくださった皆さんが居ての順位ですから、感謝したいですね」

田中選手の投稿には「高校野球の田中選手を見て以来ずっとファンです」「思いっきりスイングして、清々しい笑顔のマーくん最高だった」「引き分け再試合のインパクトが大きい」など、当時を懐かしむコメントが多く寄せられている。

高校野球総選挙トップ10は以下の通り。

  1. 松井秀喜(星陵)
  2. 松坂大輔(横浜)
  3. 江川卓(作新学院)
  4. 清原和博(PL学園)
  5. 田中将大(駒大苫小牧)
  6. 大谷翔平(花巻東)
  7. 王貞治(早実)
  8. 桑田真澄(PL学園)
  9. 清宮幸太郎(早実)
  10. ダルビッシュ有(東北)

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】智弁和歌山は「土」を持ち帰らず…「戻ってくるという強い気持ちを感じた」という声も

【甲子園】レジェンド始球式に元巨人の定岡正二が登場!「タレントのイメージが強い」という声も

藤浪晋太郎の復活に必要なものとは…甲子園を沸かせたスターの現在地

【甲子園】星陵バッテリーは小学生からの幼馴染!OB松井秀喜に開幕勝利プレゼント

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします