【スプリンターズS/データ攻略】オール野芝で光り輝く、「馬券内率100%」の伏兵馬が波乱を巻き起こす

前編ではダノンスマッシュピクシーナイトの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【前編】ダノンスマッシュとピクシーナイトの明と暗 どちらかに該当する“複勝率0%”データとは

■データが導く2021スプリンターズSの穴馬候補は

<穴候補1 ジャンダルム>

スプリント重賞を使われた近2走は7着、4着。さすがにクラスの壁は厚いと思われるなか、後押しとなるデータはこちら。

・叩き3戦目の成績【2-0-0-2】

昨秋の信越S、そして今年4月の春雷S。直近に挙げた2勝はいずれも叩き3戦目ローテによるものだったのだ。

特に春雷Sは今回と同じ中山芝1200mで1分7秒3の好時計。スタートで出遅れた前走も勝ち馬と0秒2差まで迫っており、ゲートと展開次第で馬券圏内突入は現実味を帯びてくる。

<穴候補2 アウィルアウェイ>

昨年のスプリンターズSは3着と健闘。しかしその後は二桁着順が多くさすがにピークアウトの感も否めないが、同馬にとって追い風となるデータは存在する。

・オール野芝かつ良馬場の成績【1-0-2-0】

非常にわかりやすい良馬場巧者。なかでも夏の新潟や小倉、秋の中山に共通する「オール野芝」の馬場コンディションでこそ真価が発揮されるタイプだ。中山競馬場は土曜から日曜日にかけて好天予報。得意の馬場コンディションなら昨年の再現があっても驚けない。

スプリンターズステークス2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆レシステンシアとダノンスマッシュの2強に割って入る「前売り10番人気以下」の盲点

◆レシステンシアは△評価、狙いはセントウル組ではなく“小倉巧者”の盲点

▼危険な人気馬
◆3歳世代台頭で不安視される有力馬 秋競馬GI開幕戦で「買うべきではない」一頭とは

▼データ予想
◆ダノンスマッシュとピクシーナイトの明と暗 どちらかに該当する“複勝率0%”データとは

▼追い切り予想
◆最高評価「S」は“豹変”ぶりを披露した有力馬 貫禄と順調さの証明で「視界良好」

◆レシステンシアに「B」の辛口評価 動き上々も「唸るような迫力までには……」

◆3歳馬ピクシーナイトに「A」の高評価 「GI仕様」の仕上げで好調キープ

◆高評価「A」は5歳の伏兵馬 時計以上の迫力で「大仕事があっても驚けない」

▼その他、データ傾向
◆【午前オッズ】ダノンスマッシュ3.1倍、レシステンシア3.7倍、ピクシーナイト5.6倍 4番人気以下は10倍以上

◆【馬場情報】中山は「芝:稍重・ダ:重」、芝のクッション値は「9.3」で前年より水分を含んだ馬場

◆【騎手データ】波乱の様相漂う秋GI初戦 注目は“フタ桁人気で一発”が見込める「穴騎手」

◆【枠順】レシステンシアの6枠は過去10年で「0-0-0-20」の“鬼門の枠” 注目は昨年勝利の5枠

◆【人気傾向】複勝率70.0%と1番人気を信頼も、波乱の使者は「10番人気以下」

◆【脚質傾向】レシステンシアに逃げ・先行“0勝”の不安データ 注目は最多9勝の「差し」

◆【前走ローテ】セントウルS組は過去10年5勝と圧倒的も、注目は2年連続好走中の「北九州記念組」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「スプリンターズS」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします