【チャンピオンズC/データ攻略-前編】ソダシに襲い掛かる“GI実績”の罠 注目は叩き2戦目で「勝率100%」の新興勢力

今週は中京競馬場でチャンピオンズカップ(ダ1800m)が行われる。

ソダシ参戦には驚かされたが、同馬以外にも地方馬カジノフォンテンやフェブラリーS勝ち馬カフェファラオなど各路線のチャンピオン・ホースが集結。冬の寒さを吹き飛ばす熱戦に期待したいところだ。

この記事ではデータ面からチャンピオンズカップを紐解き、攻略への糸口を見つけていきたい。

◆【チャンピオンズカップ2021予想/データ攻略・後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

【チャンピオンズC/データ攻略-後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

■ソダシの鬼門は「馬券内ゼロ」のダートGI未勝利3歳馬

デビューから無傷の5連勝で臨んだオークスで初黒星。そのリベンジを期した札幌記念で並みいるGI馬を撃破し、秋華賞に臨んだソダシ。そこでまさかの敗戦を喫し、年内か休養か……と思われたところ次なる舞台になんとダートGI・チャンピオンズカップを選択した。血統背景は高い砂適性を感じさせるものだが、ひとつ気になるデータがある。

・ダートGI勝ちのない3歳馬【0-0-0-8】

ゴールドドリーム、カフェファラオ、そしてオメガパフュームなどがこれに該当。チャンピオンズカップに限ったことではないが、歴戦の古馬と戦ううえでGI勝利実績は大きなアドバンテージとなるのだ。今回が初ダートとなるソダシは当然、ダートでのGI勝利実績なし。越えるべき壁は決して低いものではない。

■テーオーケインズを後押しする「100%データ」

年明け初戦の名古屋城Sを制すると、トントン拍子で帝王賞まで3連勝。ダート界に突如現れた新星としてトップグループの仲間入りをはたしたのがテーオーケインズだ。ここはJBCクラシックで先着を許したディフェンディング・チャンピオンであるチュウワウィザードとの再戦となるが、今回はデータ面での後押しがある。

・新馬戦後を含めた叩き2戦目成績【3-0-0-0】

3戦3勝の数字以上に特筆すべきはその内容。2着に4馬身差圧勝の未勝利戦、単勝2倍の人気に応えた摩耶S、1000m通過59秒2の激流を早め先頭で押し切ったアンタレスSとズバ抜けたパフォーマンスを披露していたのだ。休み明けをひと叩きされて臨む今回の舞台は、4走前に勝利を挙げた中京ダート1800m。名実ともに砂路線NO.1の座に就く可能性は想定すべきだろう。

後編ではデータ面から浮上するチャンピオンズカップの穴馬候補2頭を紹介する。

▼データ予想
◆【チャンピオンズカップ2021予想/データ攻略・後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

【チャンピオンズC/データ攻略-後編】勝負駆けを匂わす穴馬 “勝率100%”の名手と「コンビ再結成」で波乱を巻き起こす

◆【チャンピオンズカップ2021予想/騎手データ】前日オッズ20倍以上でも侮れない人馬 条件合致で「複勝率100%」

【チャンピオンズC/騎手データ】前日オッズ20倍以上でも侮れない人馬 条件合致で「複勝率100%」

チャンピオンズカップ2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】「S」評価は“最高潮の域”に達した有力馬 「本番でどれだけ弾けるのか楽しみ」

◆【A評価】チュウワウィザードを上回る「A」評価は伏兵馬 「体調、精神面はハイレベル」

◆【A評価】高評価「A」は“狂いなき仕上げ”の人気馬 厩舎流のハードトレで「万全の状態」

◆【B評価】チュウワウィザードに“辛口評価” 併せ先着も「骨折の影響がまだ……」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ・前編】ソダシの“二刀流”に辛口評価 狙いは人気落ちの実績馬

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.1】連敗中も条件好転で巻き返し 波乱を呼ぶ“左回り巧者”

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.2】単勝20倍以上の“伏兵” 叩き良化型で前走大敗は想定内

◆【穴馬アナライズ・後編Vol.3】ガラリ一変が漂う“実績馬” 人気落ちでも買い材料はズラリ

◆【危険な人気馬・前編】人気先行のGI馬は“消し” ダート頂上決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬・後編】有力馬より評価すべき「イン突きの鬼」 前走から“砂厚”が好転する1頭を本命視

▼その他データ傾向
◆【枠順】ソダシは1枠1番で“白”に染まる 鬼門の8枠にカフェファラオ

◆【血統傾向】穴馬が100%持つ配合から浮上 条件合致は4歳世代の“刺客”

◆【脚質傾向】先行馬の好走目立つダートGI、押さえるべきは「上がり最速」と…

◆【前走ローテ】ダート転向の白毛馬ソダシに警鐘 ダート初挑戦組に「馬券内0%」の鬼門データ

◆【人気傾向】複勝率トップの3番人気を信頼も、注目すべき波乱の使者は…

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします